AT&TのプリペイドSIMプラン一覧

AT&TのプリペイドSIM用プランは以下の通りとなります。 1分25セント 使ったら使っただけ料金がかかるプランです。 通話は1分25セント、TEXTは1通20セントです。 1日2ドル 初めて使ってから24時間利用出来るプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となりま...

アメリカの大手携帯電話キャリアと品質

ドコモやau、ソフトバンクのような携帯電話事業者のことをキャリアやMNOと言います。 日本で言えば、ドコモ、au、ソフトバンクのような会社のことです。 アメリカの大手キャリアはVerizon、AT&T、T-Mobile、Sprintの4社です。 VerizonとAT&Tがシェアが高く、T-Mobil...

海外でどのスマートフォンが利用できるか事前にチェックしよう

日本で販売されているスマートフォンは、基本的に全世界の電波が届いているところで利用出来ます。 使用方法にもよりますが、Wi-Fiの場合はどこでも利用可能。電話会社の電波を利用する場合は機種とその地域で提供されているサービス内容によります。 2015年現在、世界的に一般的に提供されているスマートフォン向けの通信サービ...

格安SIMを海外で使う方法

2015年頃から日本で格安SIMと言われるMVNOのサービスが話題になっています。 この格安SIMの多くは海外で利用することが出来ません。一部の事業者は通話のみローミングに対応していますが、データ通信も対応するところはないようです。 通話のローミングに対応しているMVNOの場合、現地で日本の番号をそのまま利用出来ます...

海外で使う基本はローミング

海外でスマートフォンを使う基本はローミングになります。 日本の電話番号を現地でそのまま使う場合、この方法しかありません。 例えばNTTドコモが日本で展開していても、ユーザーがアメリカで旅行した時用に基地局を建てるのは現実的ではありません。 そこで、アメリカの通信事業者と提携して、NTTドコモと契約しているユーザーがア...

アメリカの携帯電話ショップでSIMカード等を契約する方法

日本で携帯電話ショップに行ったことがある人はほとんど感じてると思いますが、大抵は混雑していて手続きに時間がかかります。 これはアメリカでも同じで、たまたま誰もいないということもありますが、大抵は手続きに時間がかかります。 また、日本でも同じですが、口頭で用件を伝える必要があり、英会話が苦手な人にとって、海外での契約は...

アメリカでは空港でプリペイドSIMの契約は不可能

アジア圏やヨーロッパ圏の多くでは、空港に携帯電話会社のカウンターがあります。 本来、外国に到着したら、空港でスマートフォンを利用する手続きをしたいところです。 残念ながら、アメリカの空港には携帯電話用のカウンターがありません。 全くないわけではなく、空港内のお店でどこかのSIMカードが販売されていたり、自動販売機で...

海外でのSIMフリーの呼び方はUnlocked

日本ではロックされていないスマートフォンや携帯電話のことを、SIMフリーとかSIMロックフリーと呼んでいます。 携帯電話会社のロックがかかっていなからSIMフリーとか、SIMロックフリーと呼んでいます。 この、SIMフリーという用語は和製英語なので、海外では通じません。 英語の場合、一般的に「Unlocked」や「...

世界各国を短期間で渡り歩く場合の携帯契約

短期間に各国を渡り歩くような場合、スマートフォンの契約はどうしたらいいのかは難しいところです。 1カ国の滞在期間が短い場合は、ローミングでも良いでしょうし、各国で使えるモバイルWi-Fiルーターを日本からレンタルしても良いでしょう。 しかし、どちらにしても、合計金額が高くなってしまうのが問題となります。 短期間なので...

SIMカードとは

海外で利用するのに重要になっているのがSIMカードです。 SIMカードとは、携帯電話に差し込んで使う小型のカードで、SIMはSubscriber Identity Moduleの略です。 このSIM(シム)カードには携帯電話の番号等が記録されれており、携帯電話会社毎にこのSIMカードを発行しています。 携帯電話会社と...

Recent posts

Random article