ホーム ブログ

UberEATSの配達業務で困る飲食店のパターン

0

UberEATSの配達業務を効率よく行うには、一つ一つの配達を効率的に行うことが必要です。
ピックアップが近くになるように待機する場所を検討したり、配達ルートを最適化することが基本ですが、どうしても配達員では対応不可能な問題も発生します。

配達業務で時間がかかる飲食店でのパターン

お店で準備が出来る前にお店に呼ばれる場合があります。
準備が終わる頃に到着するのが理想ですが、お店で料理が出来るまで何分も待たなければならい場合があります。

経験を積むとどの店が待つことになるのかわかるので、そのようなお店のピックアップには応じない、応じてもキャンセルすることでそのような料理待ちの無駄な時間を減らすことも可能です。

配達業務で時間がかかる飲食店までの道のり

お店によっては、歩道から車道への移動、車道も一方通行など複雑なルートを通らないと向かい側に行けない場合などお店の立地条件に問題になる事があります。
どちら側から、どのようにそのお店に行くのが最適なのか、経験を積んでわかるようになると無駄が減りますが、そのような場所へのピックアップは行かないというのも選択肢の1つです。

配達業務で時間がかかる大規模施設内の飲食店

大きな施設内にある飲食店にピックアップに行く際、その場所に行くまでに時間がかかりますし、その施設内のルールなどに従う必要があります。

特にルールが無い場合も、自転車やバイクを駐車できる歩道や車道から、飲食店に取りに行き、戻ってくるまで10分くらいかかるような所もあります。
施設内にルールがあるような場合、防犯センターで受付し、従業員通路を通って店に行くような施設もあります。お客としていけば数分だが、そのようなルールがあるために合計で10分程度かかってしまうようなお店もあります。

このような店も事前にわかっているならピックアップを拒否したりキャンセルする事も選択肢の1つです。

無駄に時間がかかるお店には行かないこともあり

飲食店の立地条件、施設内のルール、料理完了までの時間などで、ピックアップに時間がかかるような場合は配達員の権利としてピックアップ自体に行かないことで、無駄な時間を削減することも出来ます。
ある程度経験を積まないと、どの店にそのような問題があるのかわからないので、いつ行っても問題があるようなところならピックアップに行かないというのもありでしょう。

そのようなお店が集まっているところは、避ける人も多い可能性もあり、逆に呼ばれやすいかも。

UberEATSの配達で月収30万円にするのに必要な配達回数

0

UberEATSでは食事の配達毎に報酬が支払われます。
支払われる金額は配達距離などによって変化する基本的な報酬に加えてインセンティブブーストなどがありますが、1回の配達で得られる金額は400円から700円くらいが多いです。

ここでは最低額の400円で手取り30万円に必要な配達回数を計算してみましょう。
単純に30万円を400円で割ると750回となり、30日で割ると25回です。
1ヶ月に30日稼働するなら毎日25回の配達が必要です。

1日25回の配達を10時間で割ると1時間あたり2.5回の配達になり、24分に1度配達するという計算になります。
1時間3回の配達が出来れば1日の配達時間は8時間強です。

計算上は現実的で不可能ではありませんが、この場合はほぼ休みなしで毎日8時間から10時間配達する必要があり、体力的には問題が出てくるかと思います。

東京では昼食や夕食の時間帯にブーストがあり、曜日や天候によってはインセンティブもあります。

このブーストやインセンティブで平均単価が600円になるなら、稼働時間や配達回数を減らしても月の手取り30万円は実現可能になります。
1日の配達回数25回なら1ヶ月に20日の稼働、30日の稼働なら1日16.7回の配達になります。

17回の配達を1時間平均3回配達できるなら配達時間は6時間弱。
例えばインセンティブやブーストも高くなりやすい昼と夜のピーク時間のみ3時間ずつ配達するような方法だと効率良く稼ぐことも可能です。

UberEATS配達員がもらえるブーストによる追加収入

0

UberEATSの配達員になり、しばらくするとブーストというもらえる金額が増える仕組みが利用出来るようになります。

Uberのブーストとは

Uberでは利用者の需要が高まる地域、時間帯に支払う金額を上げる仕組みをブーストと呼びます。
1.1倍から1.5倍や2.0倍のブーストが地域や時間帯毎に設定され、Uberが手数料を引く前の基本料金(配送料、受渡料金、配達距離)を1.1倍などした金額が追加して支払われます。

配送料 300円
受渡料金 170円
1kmの距離料金 150円
合計 620円

という基本料金の場合でブーストが1.1倍なら62円が追加されます。
実際に受け取れる金額は基本料金からUberの手数料を引き、ブースト料金が加算された額になります。
この場合はUberの手数料217円が引かれた403円に62円が加わり、受け取れる金額は465円になります。

いつどこが高くなるのか

このブーストは一般的に昼の時間帯(11時から13時)、夜の時間帯(18時から20時)は高くなる傾向にあり、渋谷区、港区も高くなる傾向にあります。

いつどこでブーストになるかはユーザー毎、その日の需要などによってかわります。

ブーストの対象にならない地域もあり、あっても1.1倍にしかならない事も多い用です。

ブーストを確認する方法

ブーストはアプリのプロモーションのところで事前に確認できます。
このブースト倍率の高いところで時間帯を合わせて配達を行うのがポイントですが、同じように考えている方も多いので、思ったように稼げるかはわかりません。

ブーストで受け取る金額を増やす方法

ブーストは基本料金から受け取れる金額を増やせる物なので、基本料金が多ければ多いほど受け取れる金額も増えます。
距離が長い場合、1回のピックアップで複数の配達になる場合など。
基本料金が仮に600円で1.1倍なら60円ですが、同じ1.1倍でも1,000円なら100円になります。

UberEATS配達員がもらえる金額関連リンク

基本金額
インセンティブ
ブースト

UberEATS配達員がもらえるインセンティブによる追加収入

0

UberEATSの配達をしている方には、基本的な配達料金以外に様々な追加の報酬があります。
その中の1つがインセンティブです。

インセンティブに関してはUberのサイトに公式に紹介されています。
インセンティブ適用条件

オンライン時間インセンティブ

特定の時間帯に基準額に満たなかった場合のインセンティブです。
配送料+ブーストの基準額が2000円だったのに、1200円しか収入が無かった場合、800円がインセンティブとして支払われます。

配達1回あたりの追加料金

配達1回あたりの追加料金がある場合、その料金が例えば300円なら、1回の配達に300円が追加されます。

1日に◯回配達するとX円を追加でお支払い

例えば1日10回配達すると1万円の追加という条件なら10回配達すると1万円が追加になります。

このインセンティブはよく行われていて、例えば、昼の時間帯に4回配達したら追加料金400円、さらに4回、合計8回の配達でさらに追加400円のようなもので、4回の配達単位毎になりますが、1回の配達で100円上乗せされる形です。
この400円の金額が、1200円と高額になることもあります。

◯時〜◯時にX回配達を完了すると、△円を追加でお支払い

例えば11時から12時半に1回配達すると1000円を追加でお支払いの場合、1回の配達で1000円が追加になります。

くじ引きインセンティブ

特定の時間帯で配達を1回する毎に、くじ引きにエントリーしたことになり、配達回数が多ければ多いほどくじ引きに当たる確率が上がります。

これ以外にもインセンティブはあり

地域にもよりますが、UberEATSではこのように定期的に様々なインセンティブを設定して、配達員がいなくなり配達できなくなるようなことを防ぎながら、モチベーションも上げるような取り組みもしているようです。

UberEATS配達員がもらえる金額関連リンク

基本金額
インセンティブ
ブースト

UberEATS配達員の基本給料システム 時給換算いくらになるか

0

UberEATSの配達員がUberから受け取れる金額は、配送料300円、お客様への商品の受渡料金170円、配達距離、Uberへの手数料から計算するのが基本です。
Uberの手数料は、配送料、受渡料金、配達距離の合計の35%となります。この手数料を引かれた金額を配達員は受け取れます。
さらにプロモーションなどで別途受け取れる金額が増えることもありますが、こちらは別途説明します。

距離の料金は1kmあたり150円。
1回の配達で複数箇所に配達する場合、受渡料金はその数になります。

公式の情報はこちらにあります。
お支払いの仕組み

配達料金の例
レストランから1km離れた場所のお客様に配達する場合。
配送料 300円
受渡料金 170円
1kmの距離料金 150円
合計 620円
この620円からUberのシステム手数料35%、この場合は217円が引かれます。
この場合、最終的に配達員が受け取る金額は403円になります。

レストランから2つの配送を依頼され、1km離れたお届け先の後に、さらに1km先のお客様に配達する場合。
配送料 300円
受渡料金2回分 170円x2回で340円
距離料金 合計で2km 300円
合計 940円
この940円からUberのシステム手数料35%、この場合は329円が引かれます。
この場合、最終的に配達員が受け取る金額は611円になります。

配送料金はレストランからお客様までの距離で、複数の配達先がある場合は、レストランから配達先1、配達先1から配達先2というようになります。

1時間でいくら稼げるのか
例えばレストランからお客様までの1kmの受け渡しが、依頼時間から受け渡しまで合計20分で出来る場合、1時間に3回連続でできれば403円が3回で、1,209円の収入になります。
時給は1209円になります。

前述の1レストランから2つの依頼をされた場合で、距離がそれぞれ1kmで、依頼から配達まで合計30分かかる場合が2回続いた場合は、611円が2回で1,222円になります。
時給は1222円です。

距離が長い場合は距離の料金が増えますし、配達時間を短縮できる場合も回数を増やせるのでこれ以上増やすことも可能ですが、実質このあたりの時給1200円前後が現実的な基本時給の限界になると思われます。

配達料金のポイント
配達員はいつどこから配達の依頼が来るかわからないので、どこかで待機する必要があります。
依頼を受けた場所からレストランまでの移動距離や時間は一切支払いには加算されないため、レストランへの移動距離が短くなるようにするのが時間と体力を消耗させないためのポイントとなります。

とはいっても、どこのレストランに行かされるか、お客様の場所もどこになるかはシステムが判断した最適なものが選ばれるため、どうなるかはわかりません。
場所が遠いなどの場合、拒否することも可能ですが、拒否した場合、次にいつ呼ばれるかはわかりません。

UberEATS配達員がもらえる金額関連リンク

基本金額
インセンティブ
ブースト

UberEATS配達員登録で2万円キャッシュバック 2018年5月31日以降

0

UberEATSの配達員として登録しようと考えている方こんにちは。

UberEATSに配達員登録に関して、様々なプロモーションが行われています。
プロモーションの内容はその時によって変わります。

2018年5月31日現在、招待した方が25,000円受け取れるキャンペーンが行われています。
このキャンペーンは実際に登録した方はUberからは1円も受け取れないと言う問題があります。

お友達紹介キャンペーンなので、お友達が登録したら、その友達にいくらか渡すような事が想定されているようですが、配達員をやっている友達がいない場合、1円も受け取れませんね。

そんな方に向けたキャッシュバックを行います。

キャッシュバック金額はUberからもらえる照会料の8割です。

その時によって表示金額が違うかもしれませんのでご注意ください。

2018年5月31日現在の照会料は25,000円なのでキャッシュバック金額は2万円です。
キャッシュバックするには紹介コードが必要になりますが、キャッシュバック時にお名前、メールアドレスが必要になるので、こちらのフォーラムから登録お願いします。

8,000円のキャッシュバックを受け取るための紹介コードを受け取る

このコードを入力する前にWebで登録してしまった方などは、恵比寿などでの本登録時に紹介コードを入力してもらうと適用される可能性があります。

注意事項

送信する招待コードは登録時に入力する物です。
Webで入力する際に入力し忘れ、エラーなどで登録されていない場合もあります。
必ず恵比寿での本登録時に入力されているか確認してください。

すでにUberに登録している方への注意事項

Uberのアカウントは全世界全て統一です。
日本だけでなく海外でUberやUberEATSを利用された場合でも、配達員として使うアカウントは同じになります。

このため、招待コードが登録時に入力できない場合があります。
この場合は、実際に恵比寿などで本登録する際に、間違えずに入力されているのか絶対に確認してください。

あとで忘れていたことに気づいても、後付けが出来ないと思って下さい。

よくある質問

なぜ事前に名前やメールアドレスを登録するのですか
メールアドレスや名前はキャッシュバックする際に、誰がいつ配達の条件を満たしたかの確認に必要になります。
登録の際に問題があった場合などに、招待コードを誰からいつ受け取ったのかが必要になります。

他のところと金額が異なりますが
自分の受取金額をゼロにしているか、古いプロモーションの金額の物の場合があります。
2017年から2018年3月4日までは両者合計最大5万円もらえてました。

5月30日までは1万円でした。

このように受け取れる金額はその時の状況によって変わります。
ここ以外の招待コードを使うのはかまいませんが、プロモーションの条件が変わっているのに、古いままの表示の場合はそもそもその金額をもらえるのかも怪しいかも知れません。

なぜそんなにキャッシュバックしてくれるのですか
キャンペーン金額の2割こちらに入るだけでもウハウハだからです。

本当にキャッシュバックしてくれるのですか
キャッシュバックするのは本当で信じてもらうしかないですが、登録時に間違いがあったり、条件を満たさない場合はこちらに1万円の紹介料が入らず受け取れない場合もあります。

受け取れない場合
登録時に招待コードを入力出来なかった場合
登録後に一定の回数以上配達しなかった場合
登録コードの送信などに問題が発生した場合
など

UberEATS配達員のトラブル 配達先の入口がわからない

0

UberEATSは比較的高所得層の方からの依頼が多いようです。
そのような方の中にはいわゆるタワーマンションに住んでいる方も多く、そこへの配達依頼も多いです。

タワーマンションの中には敷地は広いが、入口が決まっている場合があります。
間違った方向からそこに行くと、一周して入口を探すというようなことがあります。

自転車やバイクを使って配達するわけですが、これを停める場所も必要です。
タワーマンションの敷地内に駐車することを禁止している場合も多いです。

入口を探す時間、路肩から歩いて入口に行くような時間のロスもあります。
配達員にとっては、配達時間が延びる原因となりますが、お客様にとっては受け取る時間が延びる原因となります。

早く注文品を受け取るためのアドバイス
建物の入口、配達のための自転車やバイクの駐車場が用意されている場合は、補足欄にその旨を記載しておきましょう。

UberEATS配達員のトラブル ピックアップする店がわかりにくい

0

例えばマクドナルドのような誰がどう見てもマクドナルドとわかる店ならあまり迷うことはありませんが、東京には住宅街の中にぽつんとオシャレなお店がある事があります。

オシャレすぎてお店なのかなんなのかがわからないような、奥まった通りに店がいくつかある場合もあります。
店舗名がオシャレすぎて読み方が困る店もありますし、店舗自体がわかりにくい店もあります。

UberEATSではピックアップの連絡で、お店名、住所が表示され、その場所が画面上の地図にピンで表示されます。
そこからGoogleマップなどを使ってその店に行くことになります。

オシャレすぎてわからない店のパターンとしては。

名前がわからない
例えば「マクドナルド」とか「○○ラーメン」ならお店だとすぐにわかります。
たまに「1234」のような数字だけのお店があります。数字だけだと住所なのかお店なのか
配達員としては、お店名や住所を頼りにその場所に行くわけですが、住所なのかお店名なのかわからないとその店を探すのに時間がかかってしまいます。

店がわかりにくい
店舗の外装にこだわりすぎていたり、民家風のお店で看板もほとんど無いお店があります。
配達員は住所や看板などを頼りに行くにも、見つけるのに時間がかかってしまう事があります。

Googleマップに登録されていない
配達員は配達用のアプリからGPSの情報を元にお店に行きますが、GPSの情報が間違っている事がよくあります。
このような場合、はじめてのお店なら、お店の名前や住所などで調べていくことになります。
しかし、Googleマップに登録していないと検索しても出てきません。古い店舗から変わったような店などで、変更していないような場合にもGoogleマップには出てきません。

最終的なお客様への利便性を考えて
配達員が戸惑うようなお店の場合、最終的にお客様が注文する品物を受け取る時間が伸びる事になります。
そのようなトラブルを避けるために、UberEATSのシステムには少なくとも住所を確実にし、配達員にわかりやすいように道路の参考、お店の外観など含めてしっかり設定しましょう。

UberEATSに登録しているくらいですから、Googleマップへの情報の登録もしっかり行いましょう。
レストランの場合ならビジネスオーナーとしてGoogleへ情報を登録することが出来ます。

UberEATS配達員の登録方法 海外でUberを登録した方は注意

0

Uberのアカウントは全世界統一
Uberは海外含め、Uberの乗客としての利用や、UberEATSで料理を注文する場合もアカウントは全世界で統一されています。
アメリカでUberの利用者として登録していれば、そのアカウントを日本のUberEATSの料理の注文にも利用出来ます。

ドライバーの登録も同じで、海外で乗客として使うためにUberのアカウントを持っていたなら、メールアドレスやパスワードはそのままUberEATSの配達員として登録できます。

まだ持っていない場合は、Uberに新規に登録することになります。

新規登録する際、条件によりますが招待コードを使うと、招待料金を受け取れるのでお得です。
招待料金は、どこでいつ登録したかによってかわりますが、登録してから一定期間に配達した一定数数によって支払われるようです。
2018年3月5日より招待をした方のみ1万円受け取れるようになっています。
友達に配達員の方がいるなら、友達から多少なりとも還元を受けられると思います。

ネット上ではいくらか還元してくれる人がブログやTwitter等で招待コードを配布しているようです。
2018年3月5日からの招待で招待をする方が受け取れる金額が1万円、申し込んだ方はゼロ円なので、これ以上の金額を書いている、古い物をメンテナンスしておらず、いくらもらえるかわからないところのコードを使用しないように注意しましょう。

ちなみに当ブログでは9,000円のキャッシュバック中です。

Uberに海外で利用者として登録した場合の注意点
Uberを海外などで利用者として登録していた場合、日本でUberEATSの配達員として登録する際に問題が発生する場合があります。
例えば、Uberにドライバーとして登録するリンクがありますが、これをクリックしただけでも登録しかけたという情報が残る場合があるようです。

例えば、アメリカでよく使われているSSNの入力の必要があったりして、自分では何も出来なくなる場合があります。
このような場合にはサポートに連絡して手動で設定してもらう必要がありますが、登録が終わり配達を始めてもシステム上は海外で登録されているような場合もあります。

この場合に気づいた場合にもサポートに連絡して対処してもらう必要があります。

海外でアカウントを作ったとか、配達員登録時に新規にアカウントを作った方以外は十分注意しましょう。
東京なら恵比寿にある登録センターでの確認も忘れないようにしましょう。
特に招待コードに関しては後から修正できなくなるようなので注意しましょう。

好きな時間に好きなように働けるUber

0

配車アプリのUberは、日本では法律の面で本来の使い方が出来ていませんが、Uberは単にその利用者に利便性を提供しているだけではなく、そのシステムを使って働く人にも新しい働き方を提供しています。

Uberとは何か

Uberはライドシェアという今までなかったサービスとしてスタートしました。
日本では車の配車サービスというような紹介をされていますが、簡単に言うと、タクシーの呼び出しがスマートフォンで簡単にできるようになったような物です。
これ自体、便利にタクシーが利用出来るようになっただけと感じる方も多い用ですが、タクシーが便利に使えるだけのサービスではありません。

通常、タクシーとして業務するには、タクシー会社に就職し、タクシー専用の車を使ってお客を待つ必要があります。
Uberはタクシーではなく、Uberに登録したドライバーと、それを利用したいユーザーを結びつけるサービスを提供しています。

料金面でも現金の受け渡しがなく、距離も最短距離がシステムで計算され、タクシーよりも便利に安く使えると言うことで全世界で普及し始めています。

その代表となるのがUber Xです。
Uber Xは一般の方が普段使っている自家用車を使ってタクシーのようなサービスが出来る物です。

Uberにドライバーとして登録さえすれば、タクシーのような営業用のライセンスは不要で、一定の基準に達していればドライバーとして登録可能で、ユーザーも世界統一のアプリを使ってこのサービスを利用出来ます。

日本では利用出来ないように、例えばUberの利用が増えているアメリカでも都市ごとに認可状況は変わり、使えない都市も存在しています。

Uberで出来る新しい働き方

Uberにドライバーとして登録すれば、平日は会社勤めしているが、土日は特に予定もないので、Uberのドライバーとして自家用車を使ってお金を稼ぐというような事が可能です。
近所で大きなイベントがあるので、そのイベントに合わせた時だけドライバーとして働くというような事も可能です。

もちろんフルタイムでUber Xのドライバーとして働くことも出来ます。

他にも、家から職場へ行くのに、そちら方面に行きたい方のみを選んで乗せて、通勤時間をかねてお金を稼ぐようなことも出来ます。

つまり、Uberはユーザーに便利にタクシーのような物が利用出来るようにしたのと同時に、新しい働き方も提供しています。

働く時間が自由に

従来の仕事は、どこかの会社に就職したりして、平日の朝9時から5時までのような、決まった時間で勤務することが求められていました。
アルバイトの場合でも、事前にスケジュールを調整する必要があります。

Uberのドライバーは、自分の空いている時間にいつでも働くことが可能です。
全く働かなくても誰にも怒られないし、一切休まずに働くことも出来ます。

もちろん、ドライバーとして働く場合、需要が多い時間帯とその場所を選んで働くことが収益を増やすポイントとなります。お小遣い程度を稼ぐだけなら、そこまで積極的にやらなくても問題ありません。
このような自由な働き方も提供しているのがUberです。

Uberに続くように同様の働き方を提供している企業が増えています。
以前はシェアリングエコノミーという表現の方が多かったですが、その後、ギグエコノミーという表現もされています。
ギグとは音楽などで、単発の1階だけ演奏するような物で、Uberなら単発でUberのシステムからお客を紹介されて載せるような事になります。
今までなら短くても日給もしくは時給でしたが、Uberなら車に客の目的地まで乗せるだけなので短い場合なら数分で終わってしまうようなギグのエコノミーという事の用です。

日本ではどうなる

日本ではタクシーを運営するには運転免許自体が異なり、Uberを日本でも利用出来るようにするには法律の面でのハードルがかなり高いです。

しかし、UberEATSという食事を運ぶというサービスが日本で始まりました。
UberEATSは、食事の配達を簡単にできるようにするサービスです。

従来、食事の配達、昔ながらの言い方をすると出前をするには、自分の店で配達するための人員などを手配する必要がありました。出前をしている事を宣伝する必要もあります。
UberEATSでは、このサービスにレストランとして情報を登録し、注文があったら手配された配達員に注文された食事を渡すだけで出前が出来るようになります。

UberEATSのアプリは全世界共通で、レストラン側からすると、配達員の手配や宣伝をする必要もなく、手軽に商圏を拡大できるようになります。
利用者からすると、本来は出前をしないようなレストランの食事を自宅などで手軽に食べられるようになります。

これを繋ぐのがUberEATSの配達員です。

自由に働けるUberEATSの配達員

UberEATSの配達員はUberのドライバーと同様に、Uberに登録した一般の方です。
Uberに就職するわけではなく、注文があった場合に配達し、配達1回毎に収入を得るUberとの業務委託をする物となります。

いつ働いても良いし、働かなくても誰にも怒られません。
配達すればするほど収入は得られますが、配達をしなかったら収入を得られません。ただそれだけです。

UberEATSの配達は自転車でもできるので、特別な免許も必要ありません。
自転車自体も最近はシェア自転車があるので、自転車を用意する必要もありません。

誰でも簡単にいつでも収入を得られるようになるシステムをUberは提供しています。