Tag Archive for 海外

Brunomars-soldout

海外アーティストの国内公演に行けないなら海外弾丸ツアー

Brunomars-soldout

ブルーノ・マーズのTHE 24K MAGIC WORLD TOURの日本公演は2018年4月に行われます。
チケットは2017年10月に販売開始されたようですが、即完売してしまいました。出遅れた方は、行くことも出来ません。

こうなったら海外ツアーに行ってしまえばいいです。

bruno-mars-world-tour

ブルーノ・マーズは2017年末から初めにかけてアメリカでツアー中のようです。
11月初めはロサンゼルス公演があるので、これに行くことにします。

10月31日現在、日本とは違って、公演が多いためか、席はチラホラ空きがあります。

BrunoMars-ticket
Brunomars-ticket

例えば11月7日の部は$155の遠い席から、$3,000以上の最前列までチラホラ空きがあります。
価格はUSドルなので、1割から2割増やして100倍すると2017年現在の為替(1ドル110円から120円程度)になります。$155なら18,000円程度です。

チケットがあるなら日本で半年間待つ必要がなく、直近の公演に行けてしまえると言うことです。

海外公演のチケットの取り方

チケット自体は公式サイト経由で購入可能で、一般的には公演場所でチケットを受け取る場所があるので、購入に使用したクレジットカードやIDを提示して受け取ります。
場合によっては海外からは購入できない場合もあるので注意しましょう。詳細はサイトの説明をご覧下さい。

今回のブルーノ・マーズのチケットはアメリカでは有名なチケット販売サイトTicketmasterで取り扱っています。

チケットを確保できるようなら、航空券などをチェックします。

LAまでの弾丸ツアーを組んでみる

日本からロサンゼルスに行くには一般的に成田空港か羽田空港からの直行便を利用するのが便利です。
より安くするには日本から一旦中国に行き、中国からロサンゼルスに行くという方法もあります。

航空券だけの最安値を狙った場合は$676からあります。
日本からの出発は11月7日の朝で、時差の関係で現地時間11月7日の午前中着が可能ですが、問題は帰りです。
中国経由になると、出発が公演終了直後の深夜の1時前後の便を選ぶ事も出来ます。
これなら宿泊せずに公演だけの参加が出来ますが、この場合、7日の公演が終わった直後では間に合わない場合があります。

ブルーノ・マーズのロサンゼルスでの公演は午後8時から始まるので、仮にすべて終わるのが午後11時だった場合、終了後の混雑も踏まえて空港までの移動時間を考えると間に合いません。
そもそも、アメリカでは終電という概念がないので、午後11時に終わっても特に問題ありません。そもそもいつ終わるかわからないので、余裕を持ってこの極端な弾丸ツアーは選ばない方が良いでしょう。

このため、11月7日の公演に行くなら、日本を11月7日発、現地11月8日の日中発もしくは翌日発のようなスケジュールが安心です。

1週間前だと航空券の状況は刻々とかわりますが、韓国経由、直行便という2つのパターンでほぼ同じ価格の物がありました。
今回の価格調査はExpedia.comを使っています。

韓国経由の場合

Asiana-tokyo-la
アシアナ航空を使い、成田から仁川経由で行く便です。
現地着は7日の午後2時頃、日本帰国は8日午前中出発で仁川経由で9日の深夜11時に羽田着というパターンで、$735.02です。

直行便の場合

行きと帰りが近い場合、割高のチケットになることが多いです。
直行便の場合$888のチケットしかありませんでした。
現地の宿泊コストを入れても1泊余分に宿泊した方が低コストになります。

Delta-tokyo-la
こちらの羽田を7日夕方発、現地7日午前中、2泊して、現地9日朝発、日本帰国10日午後になる場合は、$715.76でした。

現地宿泊場所

ロサンゼルス国際空港(LAX)は24時間空港なので、7日の公演終了後に空港に戻り、出発まで待つということも出来なくは無いですが、ホテルなどに宿泊するのが安全です。
空港からブルーノ・マーズの公演があるThe Forum間には多くのホテルなどがあります。

lax-cheapest-logging
アメリカの宿泊は1泊1万円程度からと考えると良いですが、低コストな場所だと$60くらいからあります。
2泊で$120程度なので比較的リーズナブルです。ホテルの場合1部屋単位の価格なので2名で行く場合も同じ料金です。

現地移動手段

LAX to The Forum Bus
ロサンゼルス国際空港(LAX)から公演場所のThe Forumまでは約4マイルなので6.4km程です。
歩いて行けない距離ではありませんが、現地でそのルートを歩く人はほぼいませんし、空港から歩いて外に出るのも一苦労だと思われます。
低コストで移動するならバスの利用が便利です。
バスに乗るのにもまずは空港から出る必要があるので一苦労だと思いますが。

宿泊先はこのルートに近い場所にするのが良いでしょう。

バスの料金は$1.75、乗り換えが必要なのでトランスファーだと追加で$0.5必要で最低でも$2.25必要です。
おつりは出ないので、小銭がない場合は1ドル札3枚もしくは5ドル札などが必要になります。

もしもバスを利用するなら、1ドル札を多めに持っていきましょう。
乗り換えのためのトランスファーもうまく出来ないと、乗り換え時にまた支払う事にもなります。

LAX Uber
場合によってはUberなどを使った方が早く、移動時間ロスを考えると、あまりコストをかけずに行ける場合もあります。
Uberはスマートフォンで呼び出して使うタクシーのような物です。
現地で通常のタクシーは空港などを除いて拾うことは難しいです。Uberのような呼び出しも可能ですが、バスの利用が不安ならUberの方がシステムは全世界で共通なので登録などの手間も省けます。
移動が不安な場合は少なくともUberの登録だけはしておきましょう。

こちらのリンクからUberの無料利用権を取得可能です。

ただし、Uberを使うにはスマートフォンを現地で使えるようにする必要があります。

費用まとめ

航空券 $735 仁川経由
現地宿泊費 $60 1泊
現地移動費 約$5 バス2回利用時
食費等 1泊で現地の昼食、夕食、朝食の場合で、1回10ドルとして30ドル。
渡航費用合計 $830 (約9.5万円)

他にチケット費用 $155から。

日本での空港までの移動費用がいくらになるかも問題ですが、今回の例では総額で12万円程度になります。
直行便で行く場合は現地宿泊費が$60加算されますが、観光も可能です。もちろん観光にはお金がかかりますが。

現金は1泊でバスを使い、現地の食事もクレジットカードを主に使う場合、日本で両替するなら、1ドル札10枚、5ドル札4枚、20ドル札1枚程度あれば十分でしょう。
Uberを使い、費用は基本的にクレジットカードなら、アメリカでもクレジットカードを受け付けないお店もあるので、念のために1ドル10枚くらいと、20ドル札1枚、万が一の両替用の一万円札を持って行けば十分でしょう。

まとめ

海外アーティストの国内公演は数ヶ月後の物でもチケットが完売してしまう可能性があります。
このような場合、思い立ったらすぐに出発しても直近の海外現地公演に間に合う可能性があります。

日本でライブに参加するのも数万円はかかりますし、チケットをとっても数ヶ月後。海外の独特の雰囲気も味わえる物にすぐ参加できるなら、この費用はそうは高くはないと思われます。

チップを手渡しする方法

海外旅行で日本人が戸惑うのがチップの扱い方です。
チップと言っても、レストランでのチップの払い方から、ドライバーやポーターへのチップの渡し方まで状況により渡し方や金額は異なります。

チップはただ払えばいいわけではなく、渡し方も含めてスマートに行う方が良いとされています。

特にスマートさが要求されるのが、ドライバーやポーター等へチップを手渡しする場合です。

tips

チップの渡し方の例

この画像を見ると分かりますが、ただ渡すだけなら下の画像の方がはっきりとわかります。しかし、露骨に渡していることが他の誰にもわかり、スマートさに欠けます。
一般的にチップを渡す場合はよりさりげなく渡す方が良いとされています。

具体的には、握手するような感じで、上の画像のように、お札を見えないようにしてさりげなく渡します。
相手もそれがチップである事は分かっているので、そのままスマートに受け取ってくれます。
渡す際にThank Youと一言付け加えるのも欧米では一般的です。

渡された方は慣れているので、ぱっとみただけでいくらのチップだったのかは判断できます。
金額に相場はありますが、あまりにも金額がわかる露骨すぎる渡し方は好まれません。

AT&TのプリペイドSIMプラン一覧

AT&TのプリペイドSIM用プランは以下の通りとなります。

1分25セント
使ったら使っただけ料金がかかるプランです。
通話は1分25セント、TEXTは1通20セントです。

1日2ドル
初めて使ってから24時間利用出来るプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信はデータ用のパッケージも用意されて、1ドルで100MBのデータ通信プランを購入できます。

1ヶ月30ドル
1ヶ月単位のプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信はデータ用のパッケージも用意されて、5ドルで100MBのデータ通信プランを購入できます。

1ヶ月45ドル
1ヶ月単位のプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信は2GBまでハイスピードで利用出来、それ以降は128Kbpsに速度が落ちますがそのまま使えます。

1ヶ月60ドル
1ヶ月単位のプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信は5GBまでハイスピードで利用出来、それ以降は128Kbpsに速度が落ちますがそのまま使えます。

世界各国を短期間で渡り歩く場合の携帯契約

短期間に各国を渡り歩くような場合、スマートフォンの契約はどうしたらいいのかは難しいところです。
1カ国の滞在期間が短い場合は、ローミングでも良いでしょうし、各国で使えるモバイルWi-Fiルーターを日本からレンタルしても良いでしょう。

しかし、どちらにしても、合計金額が高くなってしまうのが問題となります。
短期間なので、各国でプリペイドSIMを契約するのも無駄な場合があります。

このような需要に応えるサービスも提供されています。
海外の電話番号が発行され、通話料金が国際通話でも安く、データ通信も比較的お得なプランになります。
一度設定すれば、それ以降設定の必要が無く、各国でそのまま利用出来ます。

サービス毎に細かな条件は異なり、どのくらい利用するかによっても適しているサービスは異なります。
様々なサービスの中から最適な物を選択してください。

主な各国を渡り歩く人用SIMカードサービス
KnowRoaming
hellosim
TAKT
トラベルSIM

ソフトバンクのアメリカ放題が一番お得

アメリカ旅行の際、どうやって海外でスマートフォンを使うかは難しい問題です。
様々な選択肢がありますが、最も通信料金を節約できるのがソフトバンクのアメリカ放題です。

使用端末や条件によりますが、通常は有料になる通話料、データ通信料が無料です。
サービス利用料は本来、月に980円かかりますが、サービス開始してから2016年6月まで無料キャンペーンが続いていました。
2016年7月からはこの無料キャンペーンは終了し、申し込みが必要になり、場合によっては月額980円かかります。
月額980円が無料になるのはスマ放題で5GB以上のプランに入っている場合に限られます。

無料になる場合があるとは言っても日本での利用料金は支払っているわけですが、通常日本と外国での利用料が二重でかかるところが無料になるわけです。
こんなお得なサービスは他にありません。

http://www.softbank.jp/mobile/service/global/america-hodai/

注意点
注意点としては、Sprintのネットワークに接続しているときのみとなります。
この場合、他の料金体形となります。

アメリカの大手キャリアの中でもSprintは通信品質で問題になることが多いです。
日本人は一般的に、観光地に行くと思いますので、エリア等で問題になることは無いと思いますが、観光地から外れたり、普通は行かないような田舎に行ったりした場合はご注意ください。

アメリカ放題の条件

ソフトバンクで対象機種を契約している。

対象機種
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、12.9インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4

世界対応ケータイに申し込みをしている。

アメリカでスプリント(Sprint)のネットワークに接続すること。
スマートフォンのキャリア設定で自動になっていると、Sprintが優先で接続されます。

電波が弱い場合は別のキャリアにつながることがあります。この場合はアメリカ放題になりません。

データ通信はパケット定額サービスに加入していること。未加入の場合は0.075円/パケットになります。

アメリカの大手携帯電話キャリアと品質

ドコモやau、ソフトバンクのような携帯電話事業者のことをキャリアやMNOと言います。

日本で言えば、ドコモ、au、ソフトバンクのような会社のことです。

アメリカの大手キャリアはVerizon、AT&T、T-Mobile、Sprintの4社です。
VerizonとAT&Tがシェアが高く、T-MobileとSprintは大きく引き離されています。

これ以外にMVNO、日本で言う格安SIMの会社も多数存在しています。

アメリカの大手通信キャリア
AT&T
Verizon Wireless
T-Mobile
Sprint

日本では、どちらかというとソフトバンクの品質が問題視されていましたが、2016年現在それほど大きな問題にはなっていないようです。
一方で、アメリカではサービス毎に明らかに品質が異なります。
通信サービス自体、LTEは日本同様に普及し、一般の市街地なら速度も問題ないことが多いですが、日本と同様の品質は期待しないでください。

使用場所等の環境にもよりますが、全米でのエリアも含めた品質が高い方からVerizon、AT&T、T-Mobile、Sprintの様な順番になると思います。

独自のブランドでサービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)も非常に多いです。MVNOを選ぶ場合、どこのネットワークを使っているのかを確認しましょう。
VerizonかAT&Tならほぼ問題ありません。次点でT-Mobileでしょうか。このあたりは、その時の状況、地域によってかわりますので一概には言えません。

格安SIMを海外で使う方法

2015年頃から日本で格安SIMと言われるMVNOのサービスが話題になっています。
この格安SIMの多くは海外で利用することが出来ません。一部の事業者は通話のみローミングに対応していますが、データ通信も対応するところはないようです。

通話のローミングに対応しているMVNOの場合、現地で日本の番号をそのまま利用出来ますが、対応していない場合は海外で一切利用する事が出来ません。

格安SIMの契約で、番号そのままで海外で利用したい場合は、自分が利用している業者が国際ローミングに対応しているか確認してください。

海外での通話料金の考え方

海外でどのような状態であれ、スマートフォンで通話を利用する場合、滞在国は日本経由の通話料金。
滞在国外へは海外扱いになるので、国際電話になります。
つまり、どこに通話しても料金が高いということになります。

例えば、アメリカに滞在中にホテル客室内の電話で、同市内のレストランに電話をすると、国内料金(正確には市内通話)になります。ホテル客室内の電話で日本に電話をかけると国際電話になります。

日本のスマートフォンをアメリカに持ち込んで、ローミングで使う場合は状況が異なります。

滞在国への通話も、日本への通話も国際電話扱いになり、通話料金は高くなります。
さらに、着信にも料金がかかるのが注意点となります。

海外旅行中に日本から電話がかかってくる事があると思います。
日本から海外にいる人に電話した場合、日本からの通話料金は通常の料金と同じです。
しかし、海外で着信した方は、着信料金を支払う必要がかかります。

つまり、海外で利用する方は発信も着信も料金がかかる、日本から通話する方は日本にいるのと同じということになります。

ローミングの料金は安くはない

旧来、海外で携帯電話を使う場合はローミングでした。このローミングは通話関連が基本でした。
ローミングでの通話料金は1分間100円から200円くらいです。安くはないですが、通話中のみ接続するので料金自体の考え方はわかりやすく、どれだけ使ったかもイメージしやすいです。

しかし、スマートフォン時代になるとデータ通信が問題になってきます。
スマートフォンは自分では操作していない間も、裏側で勝手にデータ通信をしています。

このデータ通信の料金がくせ者で、ローミングの条件によっては従量制の料金になることがあります。
場合によって、数日の旅行でも数十万円以上の請求が来ることがあるようです。

最近は定額制のサービスが普及し、このような数十万円の請求が来ることは無くなっているようです。
注意して使わないと、帰国してしばらくしたら多額の料金が請求されていたという事になりかねません。利用時の注意点は各携帯キャリアで確認してください。

一般的に1日当たり2,000円前後かかることが多く、3泊4日だと1万円弱になることもあります。

ローミングの設定では、通話とデータ通信を別々に設定出来ます。
通話のみローミングして、データ通信はローミングしないという設定も可能です。通話のみなら、この機能を使ったときのみ料金がかかります。データ通信はいつどのくらい使ったのかがわかりにくいですし、場合によっては高額請求される可能性もあります。この不安を解消するにはデータ通信のローミングを切るのがおすすめです。
用途に応じたローミング設定をしましょう。

海外で使う基本はローミング

海外でスマートフォンを使う基本はローミングになります。
日本の電話番号を現地でそのまま使う場合、この方法しかありません。

例えばNTTドコモが日本で展開していても、ユーザーがアメリカで旅行した時用に基地局を建てるのは現実的ではありません。
そこで、アメリカの通信事業者と提携して、NTTドコモと契約しているユーザーがアメリカに行った際に、アメリカの通信事業者に接続してそのまま使えるようにするサービスをローミング(Roaming)と呼びます。

海外の事業者とのローミングは国際ローミングとも言います。
国によっては、カバーする範囲が広すぎて、地域によっては国内なのにローミングになることもあります。どこの国やエリアでローミングのサービスが使えるかは各事業者毎に異なります。

利用には日本で事前に契約が必要になる場合、対象国で使える機種である必要があるなど条件があります。ローミングでの利用を希望する場合は渡航前に事前に確認しておきましょう。