台北への滞在を最適化するスケジュールを考える

東京から台湾の台北は、飛行機の便数も多く非常に訪れやすい海外都市の1つです。 飛行時間は片道4時間程度で、空港までの交通、空港での各種手続きを含めても、片道8時間もあれば行けます。 2014年6月の平日の主な東京発のフライトスケジュールを見てみましょう。 東京発 飛行時間 4時間弱 羽田-松山 JL5041 07...

国際線の飛行機のチケット予約から搭乗、現地到着までの流れ 日本から外国編

この情報は飛行機への搭乗から到着までの大きな流れで、ビザなどの情報は含まれていません。 チケット予約 ↓ eチケット発券(必要ならプリント) ↓ 空港に行く前に空港周辺の天候、航空会社の状況などを調べ、飛行機の離陸に問題ないことを確認 ↓ 空港到着 (飛行機離陸時間(予約時に表示される出発時間)の2から3時間前) ↓ ...

空港の持ち物検査時のスマホ

空港から飛行機に行く際、金属検査や持ち物検査があります。 これは飛行機でのハイジャック等を防ぐ目的で、武器や危険物を飛行機内に持ち込もうとしているかを検査する物です。 ここでスマートフォンはどうしたらいいのか悩む人が多いようです。 勘違いした人は、 金属検査なので、飛行機に金属製の物を持ち込めない だからスマートフォ...

本当に機内持ち込み出来そうなキャリーバック エース商会「プロテカ」編

タイヤ付きのキャリーバックは海外旅行に便利ですが、機内持ち込みに対応できるかどうかが問題です。 鞄メーカーや、鞄販売店では機内持ち込み対応と表示していますが、日本の基準と海外の基準は異なるためすべてを信じることは出来ません。 一般に持ち込みサイズの基準は3辺の和は45インチ(114cm)です。 各3辺のサイズは22"...

飛行機運賃の仕組み 航空会社が直接販売するチケットの場合

飛行機の運賃は航空会社が設定している普通運賃(正規料金)が最も高いです。 総支払額はそのときによって変わってきますが、正規料金自体は区間でほぼ決まっているため、この設定料金自体は情勢が変化してもそれほど大きく変化することはありません。 例えば、日本航空(JAL)の成田、ニューヨーク間の往復で合計27時間搭乗では エ...

コードシェア便で座席指定する方法

航空チケット購入時に、一般的には座席を指定できるようになっています。 座席指定は航空券を購入したサイト、航空会社のサイトで指定可能です。購入後、もっといい席が空いていたら変更できるのが一般的です。 しかし、コードシェア便の場合は購入時も購入後も、自動的に指定された座席以外は指定できないことが多いです。 コードシェ...

空港のターミナルとは

大きな空港にはいくつかのターミナルと呼ばれる場所が存在しています。 大きな空港では、大勢が利用する事になりますが、全て1カ所で処理することはできないので、1つの空港で業務を分担するためにいくつかのターミナルにわけます。 ターミナルとはそれぞれが1つの空港のような物で、空港に行く際は目的のターミナルに行く必要があります...

コードシェア便で事前チェックインする方法

飛行機のチェックインは空港だけで無く、インターネットでも可能です。 事前にチェックインしておけば、空港で列に並ぶことなく、手続きが早く終わります。 この事前チェックインはコードシェア便の場合は出来ない事もあります。 例えば、ANAでチケットを買ったが、実際に運航する航空会社がUnited航空のコードシェア便の場合...

アメリカへの片道航空券での入国は拒否される可能性

アメリカは、観光などの一般的な旅行目的の場合、いわゆるビザは必要ありませんが、ESTAというシステムに登録しておく必要があります。 https://esta.cbp.dhs.gov/esta/ このESTAには最短で出発の数日前に申請しておく必要があり、一度申請すれば2年間有効で申請自体は1回14ドル必要です。支払...

修学旅行の飛行機でiPhoneなどをばれないように持って行く方法

修学旅行に行くのですが、飛行機の検査でiPhoneをばれないようにする方法を教えてください 中学生や高校生によくある質問です。 iPhone以外にAndroidスマホ、PSP、3DS、PS Vitaなど様々な携帯デバイスが質問の対象となりますが、そもそもこれらの携帯型電子デバイスは飛行機の持ち込み禁止品ではありま...

Recent posts

Random article