好きな時間に好きなように働けるUber

0
542

配車アプリのUberは、日本では法律の面で本来の使い方が出来ていませんが、Uberは単にその利用者に利便性を提供しているだけではなく、そのシステムを使って働く人にも新しい働き方を提供しています。

Uberとは何か

Uberはライドシェアという今までなかったサービスとしてスタートしました。
日本では車の配車サービスというような紹介をされていますが、簡単に言うと、タクシーの呼び出しがスマートフォンで簡単にできるようになったような物です。
これ自体、便利にタクシーが利用出来るようになっただけと感じる方も多い用ですが、タクシーが便利に使えるだけのサービスではありません。

通常、タクシーとして業務するには、タクシー会社に就職し、タクシー専用の車を使ってお客を待つ必要があります。
Uberはタクシーではなく、Uberに登録したドライバーと、それを利用したいユーザーを結びつけるサービスを提供しています。

料金面でも現金の受け渡しがなく、距離も最短距離がシステムで計算され、タクシーよりも便利に安く使えると言うことで全世界で普及し始めています。

その代表となるのがUber Xです。
Uber Xは一般の方が普段使っている自家用車を使ってタクシーのようなサービスが出来る物です。

Uberにドライバーとして登録さえすれば、タクシーのような営業用のライセンスは不要で、一定の基準に達していればドライバーとして登録可能で、ユーザーも世界統一のアプリを使ってこのサービスを利用出来ます。

日本では利用出来ないように、例えばUberの利用が増えているアメリカでも都市ごとに認可状況は変わり、使えない都市も存在しています。

Uberで出来る新しい働き方

Uberにドライバーとして登録すれば、平日は会社勤めしているが、土日は特に予定もないので、Uberのドライバーとして自家用車を使ってお金を稼ぐというような事が可能です。
近所で大きなイベントがあるので、そのイベントに合わせた時だけドライバーとして働くというような事も可能です。

もちろんフルタイムでUber Xのドライバーとして働くことも出来ます。

他にも、家から職場へ行くのに、そちら方面に行きたい方のみを選んで乗せて、通勤時間をかねてお金を稼ぐようなことも出来ます。

つまり、Uberはユーザーに便利にタクシーのような物が利用出来るようにしたのと同時に、新しい働き方も提供しています。

働く時間が自由に

従来の仕事は、どこかの会社に就職したりして、平日の朝9時から5時までのような、決まった時間で勤務することが求められていました。
アルバイトの場合でも、事前にスケジュールを調整する必要があります。

Uberのドライバーは、自分の空いている時間にいつでも働くことが可能です。
全く働かなくても誰にも怒られないし、一切休まずに働くことも出来ます。

もちろん、ドライバーとして働く場合、需要が多い時間帯とその場所を選んで働くことが収益を増やすポイントとなります。お小遣い程度を稼ぐだけなら、そこまで積極的にやらなくても問題ありません。
このような自由な働き方も提供しているのがUberです。

Uberに続くように同様の働き方を提供している企業が増えています。
以前はシェアリングエコノミーという表現の方が多かったですが、その後、ギグエコノミーという表現もされています。
ギグとは音楽などで、単発の1階だけ演奏するような物で、Uberなら単発でUberのシステムからお客を紹介されて載せるような事になります。
今までなら短くても日給もしくは時給でしたが、Uberなら車に客の目的地まで乗せるだけなので短い場合なら数分で終わってしまうようなギグのエコノミーという事の用です。

日本ではどうなる

日本ではタクシーを運営するには運転免許自体が異なり、Uberを日本でも利用出来るようにするには法律の面でのハードルがかなり高いです。

しかし、UberEATSという食事を運ぶというサービスが日本で始まりました。
UberEATSは、食事の配達を簡単にできるようにするサービスです。

従来、食事の配達、昔ながらの言い方をすると出前をするには、自分の店で配達するための人員などを手配する必要がありました。出前をしている事を宣伝する必要もあります。
UberEATSでは、このサービスにレストランとして情報を登録し、注文があったら手配された配達員に注文された食事を渡すだけで出前が出来るようになります。

UberEATSのアプリは全世界共通で、レストラン側からすると、配達員の手配や宣伝をする必要もなく、手軽に商圏を拡大できるようになります。
利用者からすると、本来は出前をしないようなレストランの食事を自宅などで手軽に食べられるようになります。

これを繋ぐのがUberEATSの配達員です。

自由に働けるUberEATSの配達員

UberEATSの配達員はUberのドライバーと同様に、Uberに登録した一般の方です。
Uberに就職するわけではなく、注文があった場合に配達し、配達1回毎に収入を得るUberとの業務委託をする物となります。

いつ働いても良いし、働かなくても誰にも怒られません。
配達すればするほど収入は得られますが、配達をしなかったら収入を得られません。ただそれだけです。

UberEATSの配達は自転車でもできるので、特別な免許も必要ありません。
自転車自体も最近はシェア自転車があるので、自転車を用意する必要もありません。

誰でも簡単にいつでも収入を得られるようになるシステムをUberは提供しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here