Tag Archive for 空港

アメリカの空港でホテルのシャトルバスを呼び出す方法

ホテルが空港の送り迎えに用意しているシャトルバスは、定期的に運行している場合と、電話で呼び出すパターンの2つがあります。

定期的に運行している場合は、比較的近く、規模の大きなホテルのことが多いです。
電話で呼び出す場合は、規模が比較的小さいホテルのことが多いです。

電話で呼び出す場合、空港のシャトルバス呼び出しカウンターに電話が用意されていて、そこに表示されている番号を押すと自動的につながる事が多いです。

電話での呼び出す会話

ここでの会話ですが、単純に「pickup please」と言うだけで大丈夫な場合があります。
場合によっては空港名、ターミナル番号を言う必要があるかも知れません。また、予約しているかの確認をされるかも知れませんが、適当に対応すればまず問題ないでしょう。

問題は本当に来るか

問題は本当に来るかどうかです、電話したときに○○分くらいでつくと伝えられると思いますが、その倍くらいの時間経っても来ない場合は待た連絡するか、自力で行くことになると思います。
来ていても、それだと気づかない場合がありますので、特に車にホテルのロゴがなかった場合は、全部の車に該当ホテルか聞くくらいの勢いが必要です。

チップ

シャトルバスに乗る際、大きな荷物は入れてくれると思います。
ホテルについて荷物を受け取る際に、1つあたり1ドルから2ドル程度渡すのが一般的です。
仮に2人で2つなら、5ドル渡しておくと全く問題ないでしょう。

このような小銭のために日本から出発する際に1ドル札や5ドル札を多めに両替しておきましょう。

コードシェア便で事前チェックインする方法

ANA-checkin

飛行機のチェックインは空港だけで無く、インターネットでも可能です。
事前にチェックインしておけば、空港で列に並ぶことなく、手続きが早く終わります。

この事前チェックインはコードシェア便の場合は出来ない事もあります。
例えば、ANAでチケットを買ったが、実際に運航する航空会社がUnited航空のコードシェア便の場合、United航空のサイトでチェックインする必要があります。
しかし、ANAの予約番号ではANAでもUnitedでも、United便のチェックイン手続きが出来ないです。(2015年現在)

これが出来るかどうかは航空会社毎に異なります。現在、出来るようにシステムが改修されているようですが、当面は各航空会社間でのチェックインは出来ないと思った方がいいでしょう。

コードシェア便の場合

この事前チェックインをするには、コードシェア便での予約番号が必要になります。

例えば、ANAでチケットを購入し、コードシェアのUnited便の事前チェックインをするためには、Unitedの予約番号でログインする必要があります。

このような場合ANAの予約番号しか分かりませんが、システムの内部ではUnitedの予約番号が存在しています。
このUnitedの予約番号がわからない場合、航空会社に個別に問い合わせる必要があります。

航空会社に問い合わせた実際に運行する予約番号を使えば、通常は出来ないコードシェア便の事前チェックインが出来るようになります。

アメリカでは空港でプリペイドSIMの契約は不可能

アジア圏やヨーロッパ圏の多くでは、空港に携帯電話会社のカウンターがあります。

本来、外国に到着したら、空港でスマートフォンを利用する手続きをしたいところです。
残念ながら、アメリカの空港には携帯電話用のカウンターがありません。

全くないわけではなく、空港内のお店でどこかのSIMカードが販売されていたり、自動販売機で販売されたりもしていますが、空港での契約はほぼ不可能と思ってください。

それではどうやって契約するかというと、家電量販店や、携帯電話ショップにいって契約するのが実質唯一の方法です。

通信販売で購入するという方法もあります。この場合、ホテルに届けてもらうとかの方法もありますが、旅行者には現実的ではないでしょう。

スマートフォンは旅先で欠かせない物なので、アメリカでお得にプリペイドSIMの契約をした場合、空港からの初めの目的地は携帯電話ショップ等になります。
ニューヨークのマンハッタンや、サンフランシスコのダウンタウンのような場所ならともかく、アメリカの多くの都市では買いに行くまでが大変です。

例えばロサンゼルスの場合、ロサンゼルス国際空港から近い店舗は、車で行くしかありません。
タクシーでも行けますが、レンタカーでSIMカードを買いに行くというようなことをする必要があります。

空港に行く前にオンラインでチェックインをしておこう

飛行機に乗る際に、チェックインという手続きがあります。
チェックインは、事前に予約した飛行機に実際に乗るための手続きです。

これは空港でも出来ますが、事前にオンラインでも可能です。

オンラインでは一般的に搭乗の24時間前に手続きが可能です。

オンラインで事前にやっておく利点は、空港で並ぶ必要が無いという点です。
飛行機に預ける荷物がない場合は、空港で何の手続きをする必要も無く、セキュリティエリアに入れ、すぐに搭乗口まで行くことができます。

預ける荷物がある場合は、事前にチェックインしていても荷物を預ける専用の窓口で荷物だけ預けるという手続きが必要になります。
こちらの窓口は、一般的にチェックイン窓口よりも空いていますし、荷物を預けるだけなので、待ち時間も短くどんどん進んでいきます。

飛行機に乗る場合は、このオンラインでのチェックインをしておく事は時間の無駄を省くためには必須と言えます。

海外旅行で荷物盗難の危険が高いのは空港

海外旅行の際、空港のチェックインカウンターでスーツケースなどの大きな荷物を預けます。
アメリカに行く際はこのスーツケースに鍵をかけないことが推奨されています。鍵をかける場合でもTSAロックと言われる鍵が推奨されています。

このTSAロックはアメリカの運輸保安庁(TSA)の基準に合った鍵で、合い鍵はTSA職員が持っています。TSA職員はアメリカからの旅行者、アメリカへの旅行者の鞄の鍵を自由に開けて調べる権利を持っています。
X線の検査で怪しい荷物があれば、職員が実際に中身を開けて爆弾などが入っていないか確認するためです。

しかし、安全の検査では無く、この職員の中の一部に自分の利益を優先した職員がいます。つまり、旅行者の荷物を盗んでしまう不届き者がいるということです。
アメリカでは年間少なくとも数十人以上のTSA職員が、窃盗の罪で逮捕されているようです。

正規に荷物をチェックできる職員が、合い鍵を使って旅行者のスーツケースを開けて、自分が欲しい物があったら盗んでしまっているということです。これは空港の乗客の目に触れない荷物の検査所で行われています。TSA職員が開けられない鍵でしまっていても、鍵を壊して開けてしまう権利がTSAにはあるため、旅行者は荷物の盗難を防ぐことは出来ません。

唯一の抵抗策は、スーツケースを預けない、盗まれても問題のないものをスーツケースに入れる等しかありません。

これは基本的にアメリカの空港での話ですが、TSA職員が持っていると言うことは、世界中で合い鍵が出回っているとも言えます。
この問題は世界中のどの空港にもあると言えます。

深夜着の便で現地空港からの移動をどうすべきか

空港にもよりますが、深夜に到着する航空機で、空港到着後どうするかというのは常に問題になります。
深夜便が多い空港を除くと、一般的には鉄道やバスなどがほとんど無くなってしまうこともあります。

到着後、安全に活動したい場合、日中到着の便を選ぶのが無難です。

空港にもよりますが、タクシーで移動するしか無い場合もあります。タクシーで移動する場合、料金が高くなりがちです。
また、ホテルなどを予約していていても、宿泊するホテルによっては深夜着では、予約がキャンセルされたと判断して他の客に部屋を提供して泊まれないという事もあり得ます。

これを避けるためには、繰り返しになりますが、日中の到着が最も無難です。

ホテルの予約をキャンセルされないためには、事前に深夜着になることを連絡するという方法もあります。
タクシーでの高コストの移動を避けるためには、バスなどを利用するのが無難ですが、バスがあるかどうか、時刻表、バス停の位置など、バス移動の基本を事前に調べておくといいでしょう。

もしも、深夜着の安いフライトを選択しており、深夜の移動手段にコスト的な面で問題があるなら、高くなっても日中着の便を選ぶ方が、到着後の移動コストなどを考えると、最終的に安く上がることもあります。

朝になるまで空港で待つというのもやり方としてはありますが、空港自体は比較的どこも安全ですが、快適とはほど遠いと言えます。空港によっては深夜にしばらく滞在することを拒否する場合もありますので注意してください。

空港のゲートとは

飛行機に乗る際、空港でチェックインの手続きをしますが、そこで、○○番のゲートに行けと言われます。
大抵は数字の番号になっていて、空港にもよりますが、2桁から3桁が多いようです。

飛行機のチェックインが終わった後、搭乗券が発券され、荷物の検査などが終わった後、指定されたゲート前で搭乗を待つことになります。

ゲートとは飛行機に乗り降りする実際の場所で、どこのゲートになるかはその日にならないとわかりません。
同じ便を何度も使う場合、同じような場所になることが多いですが、その日の運行状況によっては変わる場合があります。

ゲート前には、行き先、便名、搭乗開始時間などが表示されており、自分が乗る飛行機の搭乗券と同じか確認した上でゲート前のいすに座って待つのが一般的な飛行機の乗り方です。

空港のターミナルとは

大きな空港にはいくつかのターミナルと呼ばれる場所が存在しています。
大きな空港では、大勢が利用する事になりますが、全て1カ所で処理することはできないので、1つの空港で業務を分担するためにいくつかのターミナルにわけます。

ターミナルとはそれぞれが1つの空港のような物で、空港に行く際は目的のターミナルに行く必要があります。
一般に航空会社ごとにターミナルが分かれています。

例えば成田空港の場合は、ターミナル1が全日空など、ターミナル2が日本航空などと2つのターミナルがあります。
それぞれのターミナルの行き来には最短でも5分から10分程度はかかるので、間違えて行ってしまうと移動に無駄が生じます。

自分が利用する航空会社がその空港のどのターミナルを利用するかは事前にチェックしておきましょう。
空港行きのバスなどを利用する場合は、バスの運転手が飛行機会社ごとにどのターミナルを利用するかを把握している場合がありますが、していない場合もあります。
そのようなときにどのターミナルに行けばいいかわからなくなってしまわないように、少なくとも利用する航空会社とターミナルは事前にチェックしておきましょう。
利用する航空会社は、コードシェアでチケットを発券した会社とは異なる機体で運航される場合もあるので、実際に運航する航空会社のチェックも欠かさないようにしましょう。

成田空港は2つのターミナルでなんとかなりますが、海外の空港では5つ以上のターミナルがある場合も多く、ここで迷ってしまっては空港に着いたけど、飛行機に乗れないなんて事にもつながりかねません。

国際線の飛行機のチケット予約から搭乗、現地到着までの流れ 外国から日本へ帰国編

すでに航空券を往復で購入済みで、搭乗便が決まっている場合の流れです。

出発空港周辺の天候、航空会社などの状況を調べ、問題ないことを確認

出発時間を確認(時差の関係で到着日時と出発日時などが異なるため)

空港までの交通手段を事前に確認

余裕を持って空港着(飛行機出発の2から3時間前に)

利用航空会社のチェックインカウンターへ

チェックイン(インターネットで出発の24時間前からできる)

預け入れ荷物があれば預ける

セキュリティ(航空機内に危険物を持ち込まないかの検査)

出国審査(はっきりとした審査がない国もある)

出発直前の買い物などを楽しむ(空港内にろくな店がない空港もある)

搭乗便のゲート前へ飛行機出発の30分前に到着

順番を守って搭乗

自分の席についたら手荷物を上の棚にしまう

着席(シートベルトを締める)

離陸

機内でリラックスして過ごす

日本入国の税関申告書を記入(日本人含め全員記入)

日本の空港へ到着

順番を守って降りる

外国で病気になったなどしたら、相談所へ

日本の入国審査へ

入国審査通過

預け入れ荷物をピックアップ(搭乗便によって出てくる場所が異なる)

税関(違法な物を持ち込んでいないかの検査)

通過

日本へ帰国

国際線の飛行機のチケット予約から搭乗、現地到着までの流れ 日本から外国編

この情報は飛行機への搭乗から到着までの大きな流れで、ビザなどの情報は含まれていません。

チケット予約

eチケット発券(必要ならプリント)

空港に行く前に空港周辺の天候、航空会社の状況などを調べ、飛行機の離陸に問題ないことを確認

空港到着 (飛行機離陸時間(予約時に表示される出発時間)の2から3時間前)

航空会社のカウンターへ

カウンターでチェックイン(一般的にインターネットで搭乗24時間前からできる)

預け入れ荷物を預ける (荷物がなければ預けなくてもいい)

セキュリティゲートへ (飛行機などへ禁止物(凶器など)を持ち込まないかのチェックを受ける)

出国審査 (パスポートと航空券が必須、出国していい人物かどうかの審査を受ける)

搭乗ゲート前に到着 (飛行機離陸時間の30分前までに)

飛行機への搭乗開始 (案内に従って搭乗順を守る)

飛行機への搭乗

手荷物を座席の上の荷物棚にしまう

着席、シートベルトを締める (シートベルトは常に締めておくことが推奨される)

離陸

機内でリラックスして過ごす

機内で到着国の入国関連書類を書く (ボールペンやパスポート番号必須)

空港に到着

順番に飛行機から降りる

入国審査所(Immigration)へ向かう

順番に待つ

入国の目的などを一般的には英語で聞かれるので答える

入国許可

預け入れ荷物を受け取りに行く(Baggage Claimで)

飛行機毎に荷物が出てくる場所が異なるので、乗ってきた飛行機の便名を確認

自分の荷物を受け取る

税関(その国の持ち込み制限荷物の検査)

正式に入国

目的空港へ到着