海外旅行での電子機器仕様の注意点はプラグ形状と電圧

海外に行った際、スマートフォン、デジタルカメラ等の充電はほぼ必ず必要になることでしょう。
人によっては、パソコン、タブレット、その他各種電気機器の充電も必要になるかも知れません。

この海外での充電の注意点は2点あります。

プラグ形状と電圧です。

プラグ形状

日本のプラグ形状(コンセントの形)は2つの板が平行に並んだ形状になっています。
これはA型と呼ばれているプラグで、台湾、アメリカなどでも利用されています。しかし、日本以外の国ではこの2つの板に、1本の棒を加えてアースもつけた物の方が普及している場合もあります。
このアース付きのプラグ形状はB型と言われています。

日本の電化製品はこのA型でもB型でもどちらも物理的には利用出来ます。アースはあまり気にする必要ありません。

これ以外のヨーロッパやアジア、その他の地域では全く違う形状のプラグが使われています。
これらの国で日本のA型プラグを使うには、変換プラグが必要になります。
この変換プラグは数百円で販売されており、1つの国に行くだけなら1つのプラグを持ち歩けばたいていの場合は問題ありません。
複数の国を周遊する場合は、それぞれに対応したプラグか、切り替えて複数の地域で利用出来るマルチ変換プラグを利用するのが便利です。

日本での購入を忘れても現地や空港で買えることもありますし、ホテルで貸してくれることもあります。

電圧

物理的にコンセントに差し込むために必要なのがプラグですが、その差し込んだ電気はそれぞれの地域で異なります。
日本では電圧が100Vですが、同じコンセント形状の台湾は110V、アメリカは120Vとなっています。
ヨーロッパでは240Vの国もあり、電圧が違うと全く利用出来なくなってしまう電化製品も少なくありません。

この電圧はプラグ形状に関係なく、国や地域毎に異なるので、自分が行く先の電圧はなにか、持って行く電化製品が対応しているかを事前に調べておく必要があります。

持って行った製品が対応していなかったら、その機器は利用出来ないことになります。

リモワのエレクトロニックタグ対応スーツケースとは

スーツケースで日本でも有名なリモワ(Rimowa)がスーツケースをエレクトロニック・タグ(Electronic Tag)に対応し始めています。

rimowa-etag-2

このエレクトロニック・タグとはスマートフォンでチェックインした段階で、スーツケースに取り付けるタグ情報をスーツケース内蔵のディスプレイに表示させ、シール上のタグを取り付ける必要が無いシステムです。

rimowa-etag-3

これにより、チェックイン手続きがさらに簡略化されることになります。今までは、オンラインで事前にチェックインしても、荷物を預ける場合は、ドロップオフの場所でチェックイン的な手続きが必要でした。
このシステムを使うと、事前に荷物にエレクトロニック・タグ情報が転送されているので、ただ荷物を預けるだけとなります。

http://rimowa-electronictag.com

タグの情報が表示される画面はE-Inkによる物でバッテリー切れで画面が消えるようなことはありません。
また、画面自体も強度が高い物を使用しているようです。

rimowa-etag-1

アプリの対応はiPhoneで、Androidも対応予定になっています。
対応する航空会社はルフトハンザで、ユナイテッド等がテスト中となっています。

販売地域も全世界すべてで展開されているわけでは無いようで、海外に行った場合でも一部の店舗のみで提供されているようです。
(2016年8月現在)

ホテルとAirbnbどちらに宿泊するのがお得か

海外旅行等の宿泊で、Airbnbはうまく使えば非常に便利です。
ただ、問題もあって、わざわざリスク取ってAirbnbに宿泊する意味がない場合もあります。

思っていたより高くなるパターン

例えば、宿泊したい周辺のホテルが100ドル程度でも選べるのに、Airbnbの物件が最低価格80ドル程度だったりする場合。
Airbnbは宿泊費に加えて、清掃費、サービス料、その他税金等がかかります。これは地域等によって異なりますが、おおよそ宿泊費の3割程度となります。
今回の80ドルの場合なら25ドル程度上乗せされるので実質1泊100ドル程度になります。
ホテルの価格も税金等がかかるのは同じですが、総額で1.5割程度なので、思っていた価格より高くなった度はAirbnbの方が高いです。

Airbnbでは表示された価格の3割増しなど、地域毎に実際の総支払額がどうなるのかを理解しておく必要があります。
ホテルより安いと思ったら大差なかったと言うことがならないようにしましょう。

宿泊できるかどうかはホスト次第

宿泊する際には、宿泊先を提供するホストに宿泊をリクエストします。
ホストはスケジュールや宿泊先の都合、宿泊者のプロフィールなどから宿泊を許可するかを判断します。
この判断はリクエストしてから最大24時間かかるので、しばらく待っていなければなりません。

1日ほど経って却下となった場合は、また別の宿泊先を探さなければなりません。

ホテルの場合なら、予約サイトなどから予約すればほぼ確実に予約が受け付けられて宿泊できます。
一方でAirbnbはしばらく経たないと宿泊できるかどうかはわかりません。探す時間がもったいないと感じているような場合は、Airbnbは向いてないと言えます。

一方で、インスタントブックというリクエストした時点で予約が確定する宿泊先もあります。
どこに宿泊するかを含め面倒な事を避けたいなら、選択肢はいくつかありますがホテルのようには行きません。

大抵場所が中途半端

一般的に宿泊先は一般の住宅地となっています。
ホテルは公共の交通機関が使いやすい場所や、幹線道路沿いの利便性の良い場所にある場合が多いです。
しかしAirbnbは一般の民家を転用していることがほとんどなので、場所の利便性が良いとは言えない事がほとんどです。まれに便利な場所にあっても、宿泊費が割高になったりすることもあります。
旅行では時間が重要になります。宿泊先から観光への移動に時間やコストがかかることを考えると、利便性の高い場所が多少割高でもトータルでは安くなる事もあります。

突然キャンセルされる場合も

ホテルの場合、一度予約したらホテルが火事になったとかでも無ければ、ほぼ確実に宿泊できます。
一方でAirbnbは一度許可されたとしても、ホスト側の都合で突然キャンセルされる場合もあります。
こんな場合に備えて、Airbnbは宿泊者に補助金を支払う場合があります。しかし、宿泊日に近い場合の、突然キャンセルされることのリスクは非常に高いです。
宿泊先を別途手配できたとしても、移動手段等、スケジュールを組み直す必要があるなど、単純な金銭面を超える場合があります。

チェックイン時間等の宿泊条件

ホテルの場合、チェックイン時間は午後3時頃でほぼ統一されています。
まれにアーリーチェックイン出来る場合や荷物を預けるようなことも出来ます。
一方でAirbnbのチェックイン時間はホストに一任されています。午後5時以降、10時までと決められているような事もあり、チェックイン時間にも気を遣わなければなりません。
もちろん、チェックインを自動化しているホストもありますが、このあたりはすべて宿泊先毎に異なるので、予約する際に宿泊の条件がどうなっているのかを事前に判断しておく必要があります。

まとめ

Airbnbは宿泊先を提供するホスト側、実際に宿泊するゲスト側の思惑が一致していないと、快適な宿泊は出来ないと言えます。
ホテルの場合は、ホテルは有料で部屋を提供し、ゲストはそこに宿泊するだけです。Airbnbはホスト側、ゲスト側で思惑がいろいろと入り交じっているので、すべての点において快適な宿泊先であるかどうかは難しいところです。

このあたりをうまく見極めてホテルとは違った宿泊先としてAirbnbを使うのがいいでしょう。

コードシェア便で座席指定する方法

JAL-mid-seat-773b

航空チケット購入時に、一般的には座席を指定できるようになっています。
座席指定は航空券を購入したサイト、航空会社のサイトで指定可能です。購入後、もっといい席が空いていたら変更できるのが一般的です。
しかし、コードシェア便の場合は購入時も購入後も、自動的に指定された座席以外は指定できないことが多いです。

コードシェアで座席指定する方法

このコードシェア便で座席指定する方法は航空会社、コードシェア会社によっても変わります。
オンラインで出来ない会社の場合、電話による問い合わせを受けると受け付けるのが一般的なようです。

変更の問い合わせ先は予約した航空会社になるのか、コードシェアの運航元になるのかも航空会社によって異なります。

どちらになるにせよ、コードシェアで運行する会社の予約番号は、購入した航空会社の予約番号とは別にあり、問い合わせた際に入手しておくのが無難です。

このコードシェアで運行する会社の予約番号は、事前チェックインに利用すうることも出来ます。

コードシェアで座席指定する際の注意点

コードシェア便ではチケット購入時に座席指定は自由に出来ないことが一般的です。
予約時の各種条件によって利用出来る席の種類が決まっているようで、仮に航空会社のサイトで空きが見えても、コードシェアではその席を指定できない事も多いようです。
空いてないと思っても、実は空いていて単に事前に指定できないようにブロックしているだけのこともあるようです。

航空会社によって事前チェックインが出来る期間は異なりますが、事前チェックイン時に初めて開放される席もあるので、空いてないと思っても事前チェックインで座席を変更できる可能性もあります。

希望の席が事前に予約出来なくても、定期的に確認してなるべく希望の席になるようにしましょう。

コードシェア便で事前チェックインする方法

ANA-checkin

飛行機のチェックインは空港だけで無く、インターネットでも可能です。
事前にチェックインしておけば、空港で列に並ぶことなく、手続きが早く終わります。

この事前チェックインはコードシェア便の場合は出来ない事もあります。
例えば、ANAでチケットを買ったが、実際に運航する航空会社がUnited航空のコードシェア便の場合、United航空のサイトでチェックインする必要があります。
しかし、ANAの予約番号ではANAでもUnitedでも、United便のチェックイン手続きが出来ないです。(2015年現在)

これが出来るかどうかは航空会社毎に異なります。現在、出来るようにシステムが改修されているようですが、当面は各航空会社間でのチェックインは出来ないと思った方がいいでしょう。

コードシェア便の場合

この事前チェックインをするには、コードシェア便での予約番号が必要になります。

例えば、ANAでチケットを購入し、コードシェアのUnited便の事前チェックインをするためには、Unitedの予約番号でログインする必要があります。

このような場合ANAの予約番号しか分かりませんが、システムの内部ではUnitedの予約番号が存在しています。
このUnitedの予約番号がわからない場合、航空会社に個別に問い合わせる必要があります。

航空会社に問い合わせた実際に運行する予約番号を使えば、通常は出来ないコードシェア便の事前チェックインが出来るようになります。

犯罪者はスーツケースの中身をどうやって盗むか

旅行時の鞄としてスーツケースは便利です。しかし、盗難対策をしっかりとしている方はどれだけいるでしょうか。
犯罪者がスーツケースの中身を取り出す方法を考えてみましょう。

スーツケースを開ける方法

スーツケースは鍵をかけられますが、この鍵はそれほど高性能な物では無く、鍵自体開けようと思えば特殊なツールで開いてしまいます。
鍵をキッチリ開けてもらうならいい方で、中身を盗むだけなら、ドライバー一本あれば隙間からロックを外して、鍵がかかっていてもスーツケースは簡単に開けることができます。
つまり鍵の存在は無視して壊して開けると言うことです。これは布製、プラスチック製、金属製を問わずすべてに該当します。

犯罪者はスーツケース自体には興味ないので、中身さえ取り出せれば何だってやってしまうと言うことです。

スーツケースはまるごと盗まれる

スーツケースはまるごと盗むのも比較的簡単です。
同じような色形のスーツケースは多いので、狙ったスーツケースをみつけたら、同じようなスーツケースを持って近づき、盗む対象と入れ替えてしまいます。
これは高度な手法ですが、旅行者が油断したすきに持って行ってしまえばいいだけのことです。

持って行かれたら最後、二度とスーツケースが戻ることはないでしょう。
もちろん、鍵をかけていても関係ありません。

空港職員が中身を盗む

スーツケースなどの預け入れ荷物を空港で預けた場合、職員が検査をした上で、飛行機に搭載されます。
この際、ベルトコンベアーを通って、空港職員だけのエリアで検査や搭載作業が行われますが、この時に中身やまるごとの盗難が発生しています。

アメリカの空港ではTSAロックのマスターキーを持っているので、鞄は開け放題です。
そのため、毎年のように空港職員による盗難事件がアメリカでは報道されています。

スーツケースの盗難対策は

このような事があるので、スーツケース自体や中身が盗まれないようにする対策は、
自分の手元から離れる場合は中に貴重品を入れない。
常に手を離さないように管理をしっかりとする。
となります。

TSAロック非対応のスーツケースしかないときのアメリカ旅行

アメリカへの旅行時に、預け入れ荷物はTSAロックに対応している事が求められると言われています。

TSAロックについてはこちらを参照してください。

しかし、古いスーツケースしかない場合など、TSAロックに対応してないスーツケースの場合は、アメリカ旅行に使えないと勘違いしがちです。
このため、新しいスーツケースを買ったり、レンタルしたり、ベルトを買ったりなどの対応をする方がいますが、そのような対応は必要ではありません。
TSAロックに非対応の古いスーツケースでもアメリカ旅行に使えます。

TSAロックなら鍵をかけた場合に検査員がマスターキーで開けて検査できますが、古いスーツケースの鍵は開けられないだけなので、鍵をかけれなければいいだけです。

鍵をかけていないので、TSAロックの有無は関係なくなると言うことです。

鍵をかけなかったら泥棒に盗まれるのが危ないと思う方も多いともいますが、飛行機旅行で一番多いトラブルは、空港職員による盗難と言われています。
すなわち、TSAロックのマスターキーを持っている空港職員が見えないところでスーツケースの中身を盗んでいるということです。

泥棒対策としてはTSAロックは役に立ちません。

TSAロックとは

海外旅行、特にアメリカ旅行する際にTSAロックのスーツケースが必要とされていることがあります。
このTSAロックとは、アメリカの運輸保安庁(Transportation Security Administration)が開けられる鍵ということです。

アメリカでは飛行機に預ける荷物をすべて検査します。
スーツケースなどの預けた荷物は、X線などですかしてみるだけでは無く、開けた上でも検査することがあります。この時に鍵がかかっていると鍵を壊してでも開けて検査します。
TSAロックの場合、TSAの職員が合い鍵を利用出来るので、鍵を壊されることが無くなります。

このため、TSA対応のスーツケースが必要とされています。

しかし、TSAの職員でも何らかの原因で鍵が開けられなかったら、鍵を壊してでも開けます。
このため、鍵はかけないで預けろと案内することも多くなっています。

航空会社の種類 LCCとフルサービスキャリア

航空会社にはいくつかの種類があります。
2010年頃からに日本でも話題になったLCCは格安航空会社ですが、それに対するのが従来型の航空会社であるフルサービスキャリアです。

LCC
LCCはLow Cost Careerの略で、日本では格安航空会社とも言われています。
従来の航空会社は、基本的な各種サービスは全て含まれた運賃で運営していました。

これには、空港でのサービスや、各種機内サービスに加えて、何かあったときの代変え手段の提供なども含まれます。
しかし、飛行機の利用が身近になった現在、そのようなサービスよりも、価格を重視する方が増えてきていました。
そこで、付加サービスは有料もしくは、提供せずにより低価格に航空サービスを運航するのがLCCとなります。

例えば、荷物の預け入れも有料、機内食は有料、空港でのラウンジは無し、万が一運航できなくなった場合は返金のみ。
のように、サービスを最小限に絞っています。
また、座席の感覚もなるべく少なくして、1つの便により多くの人を乗せられるようにもしている事が多いです。

フルサービスキャリア
従来からある航空会社はフルサービスキャリア(Full Service Carrier)や、レガシーキャリア(Legacy Carrier)と言われています。

こちらは、昔からのサービスをそのまま継続しています。

預け入れ荷物は規定範囲内なら基本的に無料、食事や飲み物のサービスは基本無料、ビジネスクラス等のラウンジが空港に用意され、万一運航が停止した場合は、別便の手配もあります。

AT&TのプリペイドSIMプラン一覧

AT&TのプリペイドSIM用プランは以下の通りとなります。

1分25セント
使ったら使っただけ料金がかかるプランです。
通話は1分25セント、TEXTは1通20セントです。

1日2ドル
初めて使ってから24時間利用出来るプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信はデータ用のパッケージも用意されて、1ドルで100MBのデータ通信プランを購入できます。

1ヶ月30ドル
1ヶ月単位のプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信はデータ用のパッケージも用意されて、5ドルで100MBのデータ通信プランを購入できます。

1ヶ月45ドル
1ヶ月単位のプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信は2GBまでハイスピードで利用出来、それ以降は128Kbpsに速度が落ちますがそのまま使えます。

1ヶ月60ドル
1ヶ月単位のプランで、通話とTEXTが無制限、海外のTEXTも日本等の一部の国を除いて無制限となります。
データ通信は5GBまでハイスピードで利用出来、それ以降は128Kbpsに速度が落ちますがそのまま使えます。