Tag Archive for 現金

アメリカのレストランでのチップの払い方パターン

アメリカのチップが必要なレストランでのチップの払い方には、いくつかのパターンがあります。

すべてクレジットカードで払う

アメリカでは最もメジャーな支払い方です。
現金を一切使わないので面倒がなくていいのですが、アメリカのレストランで支払ったことがないと戸惑うと思います。

クレジットカードでチップを支払う方法を知りたい方はこちら

単にクレジットカードを渡して、金額とサインを書くだけなので慣れれば簡単です。

食事はクレジットカード、チップは現金

注文した物と相違ないか、金額に問題ないかを確認します。

注文した物と相違ないか、金額に問題ないかを確認します。


すべてクレジットカードで決済する場合、アメリカのシステムでは日本人として不安なことも多くあります。
1回クレジットカードで決済しているのに、チップ額を書いた金額をしっかり決済するかと言うことです。

このような不安がある場合、クレジットカード処理した伝票のチップ欄に横線を引き、チップを含まない合計額とクレジットカードのサインを記入します。
その上で、チップを現金で挟んでおけば問題ありません。
仮にチップ額が3ドルなら、1ドル札を3枚挟めばよいです。

すべて現金で支払う

すべて現金で支払う場合、運ばれてきた伝票に現金を挟んでおきます。
現金は見えるように挟めば、店員が伝票と現金を持って行き、おつりがあれば、おつりとレシートを持ってきます。
チップは、おつりの伝票を運んできたホルダーか、テーブルに置いて店を出ます。

現金でおつりはチップとして払う

例えば、食事の金額が20ドルで、チップ額が4ドルだったとします。
伝票が運ばれてきた時点で、24ドルを置いて、それ以上会計処理をしないで店を出てもかまいません。

まだ店にいる間に店員が伝票と支払額を持って行く場合、何も言わないと多めの金額はおつりとして戻してしまいます。
この場合は、伝票を持って行く時点でおつりはいらないと伝えた方が無難です。

伝票も見ずに現金で払って立ち去る

注文した物が14ドルくらいで、税込でも16ドル程度、チップを入れても20ドル支払えば十分のようなときがあります。
このような場合は、伝票をもらう前に20ドルを置いて店を出ることも可能です。

ただし、注文金額を勘違いしていた場合などは料金が足りずに食い逃げにされてしまうかも知れません。慣れてなければ、よっぽど急いでいるときでもなければやらない方がいいでしょう。

海外での高額紙幣の使用は注意が必要

日本では一万円札を利用する方が多いです。
一般的なお店なら普通に一万円札を利用できますが、海外では一万円札に該当するような高額紙幣自体を受け付けない店も多いです。

一方で、海外では1万円くらい価値がある高額紙幣は一般の店頭ではあまり使われません。このため、財布の中に入れている人も少なくなっています。
たとえば、アメリカでは100ドル札が一万円札とほぼ同等の価値がありますが、この100ドル札は一般的にはあまり使われていません。

一般のお店で使用しようとすると、もっと小さいお札は無いのか聞かれたり、偽札かどうかをチェックされたりします。
これは受け付けてもらえた場合で、場合によっては使えないことも多いです。

これは、偽札など店側のリスクが高いからで、日本とは現金に関する考え方が異なり、その国であまり使われていないお札を日本と同じような感覚で使用とすることは非常にリスクが高いことだといます。
高額な紙幣が使われない理由はいくつかありますが、盗難のリスクが高いからです。

一般的にそのような国では高額な商品を購入する際にクレジットカードが使われます。
現金よりもクレジットカードの方が、盗まれたとしても不正利用されるリスクが低いからで、海外では日本と同じ考え方で高額な紙幣を使うのは止めましょう。

海外旅行で気をつけたいお金の管理の基礎

海外では日本のように数十万円などの現金を持ち歩くことはほとんどありません。
スリ、泥棒などにあう可能性が高いからです。

一般的には多くても数万円程度の現金しか持ち歩くことはありません。

日本人に多いのが、クレジットカードが嫌いで現金主義の方です。日本ならあまり問題になりませんが、この現金主義のまま海外に行く方が多いからなのか、犯罪者集団からは日本人は現金を大量に持ち歩いていると認識されているのが現状です。

海外では、東アジア系人種の旅行者なら、中国や韓国、日本人と認識されます。その中から、服装、話している内容、ガイドブック、細かな仕草などから日本人旅行者と認識するのは容易です。

ヨーロッパなどの観光地で、鞄のチャックなどを開けたままにしたりしていれば簡単に鞄の中の物をすられます。
ズボンのポケットからはみ出すように財布を入れているのも、スリをしてくださいと言っているような物です。

鞄はチャックなどを閉じていても、カッターで切られたり、財布をチェーンなどで結びつけていても、ペンチなどで簡単に切られてしまいます。
このため、盗んでもあまり被害に遭わないように、持ち運ぶ現金は最小限にする必要があります。

海外へ数十万円単位などの現金を持って行く場合、日常の持ち運びは数万円にして、ホテルのセキュリティボックスに入れるなどして自衛しましょう。
どうしても持ち運ばなければならなければ、腹巻きなどの隠し財布が売られているので、それらを使うのも有用です。

海外では現金は最小限にしよう

日本では財布を落としたりしても、中身はそのまま警察に届いていたりすることが多いです。
しかし、海外では財布を落としたらその瞬間に行方不明になります。
お金が戻ってくることはありませんし、クレジットカードもなくなります。

また、財布を落とすようなうっかりミスをしなくても、スリにすられたり鞄ごと盗まれたりすることもあります。
ズボンのポケットに入れていたり、鞄のふたを開けていたりして盗まれる事もありますし、鞄を切って盗むようなこともあります。

そのため、お金の持ち運びは最小限にしておく必要があります。
1週間の旅行ならレストランなどでは、クレジットカードを使い、ちょっとした小物などの買い物で3万円前後の現金を用意しておけば十分でしょう。

この3万円は例えば、2万円分を両替し、財布に入れておき、1万円は別途保管し足りなくなったら現地で両替するというようにしておけば安心です。