Archive for クレジットカード

アメリカのレストランでのチップの払い方パターン

アメリカのチップが必要なレストランでのチップの払い方には、いくつかのパターンがあります。

すべてクレジットカードで払う

アメリカでは最もメジャーな支払い方です。
現金を一切使わないので面倒がなくていいのですが、アメリカのレストランで支払ったことがないと戸惑うと思います。

クレジットカードでチップを支払う方法を知りたい方はこちら

単にクレジットカードを渡して、金額とサインを書くだけなので慣れれば簡単です。

食事はクレジットカード、チップは現金

注文した物と相違ないか、金額に問題ないかを確認します。

注文した物と相違ないか、金額に問題ないかを確認します。


すべてクレジットカードで決済する場合、アメリカのシステムでは日本人として不安なことも多くあります。
1回クレジットカードで決済しているのに、チップ額を書いた金額をしっかり決済するかと言うことです。

このような不安がある場合、クレジットカード処理した伝票のチップ欄に横線を引き、チップを含まない合計額とクレジットカードのサインを記入します。
その上で、チップを現金で挟んでおけば問題ありません。
仮にチップ額が3ドルなら、1ドル札を3枚挟めばよいです。

すべて現金で支払う

すべて現金で支払う場合、運ばれてきた伝票に現金を挟んでおきます。
現金は見えるように挟めば、店員が伝票と現金を持って行き、おつりがあれば、おつりとレシートを持ってきます。
チップは、おつりの伝票を運んできたホルダーか、テーブルに置いて店を出ます。

現金でおつりはチップとして払う

例えば、食事の金額が20ドルで、チップ額が4ドルだったとします。
伝票が運ばれてきた時点で、24ドルを置いて、それ以上会計処理をしないで店を出てもかまいません。

まだ店にいる間に店員が伝票と支払額を持って行く場合、何も言わないと多めの金額はおつりとして戻してしまいます。
この場合は、伝票を持って行く時点でおつりはいらないと伝えた方が無難です。

伝票も見ずに現金で払って立ち去る

注文した物が14ドルくらいで、税込でも16ドル程度、チップを入れても20ドル支払えば十分のようなときがあります。
このような場合は、伝票をもらう前に20ドルを置いて店を出ることも可能です。

ただし、注文金額を勘違いしていた場合などは料金が足りずに食い逃げにされてしまうかも知れません。慣れてなければ、よっぽど急いでいるときでもなければやらない方がいいでしょう。

アメリカのレストランで伝票にチップ額を書く方法

アメリカのレストランでのチップの書き方

アメリカのレストランでのチップの書き方

アメリカのレストランでクレジットカードでの支払いをする際の、レシートへのチップ額の書き方例です。
チップの計算に税金を入れるか入れないかは一部で議論になっていますが、レストランでは入れておく方がチップ額が高めになるので無難のようです。
本来は税抜き価格でチップ額を計算しますが。

この場合は税込み額の22.78ドルに18%程度の4ドルのチップ額を書きました。
このようにチップが含まれない合計金額に、チップ額を書き、すべてを入れた合計金額を書くのが一般的な書き方です。
左側の店舗用の紙にはクレジットカードのサインを書きその場に置いておき、右側のカスタマー用コピーは自分用に持ち帰ります。

チップの割合をどうすべきか

レストランでは15%から20%程度を支払うべきとされていて、20%にしておくのが適当とも言われています。
今回の場合、20%にした場合、4.6ドルくらいになります。

22.7+4.6は27.38ドルですが、22.78の20%くらいは4ドルくらいだから、4ドルに丸めて、合計も26.78でいいやというだけの理由で今回のチップ額を決めてます。
もしも、キッチリ20%にしたいとか言う場合は、スマートフォンの専用アプリを使ってもいいでしょうし、電卓で計算してもいいでしょう。
個人的にはレストランでこの手の面倒な計算をしたくないのでこんな感じにしています。

海外旅行ではクレジットカードを有効活用しよう

クレジットカードを複数持っている方も多いと思います。
海外旅行ではクレジットカードの特典をうまく利用しましょう。

クレジットカードにもよりますが、よりクラスの高いカードほど海外旅行でのお得度は高いです。

海外旅行保険
クレジットカードには海外旅行保険がついていることが多く、別途保険に加入する必要が無い場合が多いです。
カード会社によって補償額含め条件は異なりますが、クレジットカードで買い物した場合のみ適用される場合、カードに加入しているだけで適用される場合など、保険自体が適用される条件はそれぞれ異なるのでご注意ください。

どこまでの支払いが適用されるのかも微妙です。例えば、航空券やホテルでの支払いなのか、日本から空港に行く電車代でも適用されるのかはカード会社に問い合わせましょう。

空港での各種サービス
空港での各種サービスは様々あります。
例えば、空港のクレジットカードラウンジが無料で使える。
航空会社との提携クレジットカードなら航空会社のラウンジが利用出来る。
空港の送迎。
空港からの荷物の配達等。

1回の旅行で5,000円以上の価値がある物が多いので、数回の旅行で年会費の元が取れる場合もあります。

旅行自体の特典
旅行自体を割引きで購入できる。
現地で何らかのサポートを受けられる。

等、旅行自体に様々な特典がある場合があります。

自分のクレジットカードに、海外旅行用にどんな特典がついているのか確認するのは忘れないようにしましょう。