国際線の飛行機のチケット予約から搭乗、現地到着までの流れ 日本から外国編

この情報は飛行機への搭乗から到着までの大きな流れで、ビザなどの情報は含まれていません。

チケット予約

eチケット発券(必要ならプリント)

空港に行く前に空港周辺の天候、航空会社の状況などを調べ、飛行機の離陸に問題ないことを確認

空港到着 (飛行機離陸時間(予約時に表示される出発時間)の2から3時間前)

航空会社のカウンターへ

カウンターでチェックイン(一般的にインターネットで搭乗24時間前からできる)

預け入れ荷物を預ける (荷物がなければ預けなくてもいい)

セキュリティゲートへ (飛行機などへ禁止物(凶器など)を持ち込まないかのチェックを受ける)

出国審査 (パスポートと航空券が必須、出国していい人物かどうかの審査を受ける)

搭乗ゲート前に到着 (飛行機離陸時間の30分前までに)

飛行機への搭乗開始 (案内に従って搭乗順を守る)

飛行機への搭乗

手荷物を座席の上の荷物棚にしまう

着席、シートベルトを締める (シートベルトは常に締めておくことが推奨される)

離陸

機内でリラックスして過ごす

機内で到着国の入国関連書類を書く (ボールペンやパスポート番号必須)

空港に到着

順番に飛行機から降りる

入国審査所(Immigration)へ向かう

順番に待つ

入国の目的などを一般的には英語で聞かれるので答える

入国許可

預け入れ荷物を受け取りに行く(Baggage Claimで)

飛行機毎に荷物が出てくる場所が異なるので、乗ってきた飛行機の便名を確認

自分の荷物を受け取る

税関(その国の持ち込み制限荷物の検査)

正式に入国

目的空港へ到着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です