シリコンバレーでの基本的な交通手段

アメリカのサンフランシスコ近辺にある、IT企業が集まっている地域はシリコンバレー(Silicon Valley)と呼ばれています。
観光等でも有名なサンフランシスコの南東側に位置しており、サンノゼ地域、主にサンタクララ群を中心にシリコンバレーと言われています。

シリコンバレーの交通手段の概要

シリコンバレーは典型的なアメリカの都市で、日本人の感覚からするとだだっ広い田舎町です。
歩きでの移動は非現実的で、かならず何らかの交通手段の利用が推奨されます。
他のアメリカの都市に比べると、シリコンバレーは公共交通機関を含め、様々な方法を選択出来るのが特徴です。
どの交通手段を使うかは、目的や予算に応じて選びましょう。

レンタカー

アメリカは基本的に車移動を前提に都市が造られています。
これはシリコンバレーでも同じで、時間と移動の自由を得る場合にはレンタカーは必須です。
公共交通機関では乗り継いで1時間かかるところが、自分で運転すれば10分で移動出来るようなこともよくあります。
車の運転と予算に問題が無ければレンタカーを利用するのがベストと言えます。

費用 1日1万円程度から

Zipcar

日本でも利用が増えつつあるシェア自動車で、アメリカでシェアが高いのがZipcarです。
Zipcarは1時間10ドル前後で車を借りられるサービスです。会員になる必要がありますが、短期間だけ移動に使うなら、レンタカーよりも便利に利用出来ます。

ただし、Zipcarを置いてある場所に移動する必要あるので、宿泊先がその近くでなければ実質使い物になりません。
シリコンバレー界隈だと、スタンフォード大学近辺等にその場所が多いです。

日本人にとってハードルが高いのが、Zipcarの会員になる方法です。
Zipcarを利用するには、オンラインで申し込み、Zipcarを利用するためのカードを入手しなければなりません。
このカードは日本へ発送していない(2016年9月現在)ので、自分でZipcarのオフィスに受け取りに行く必要があります。
シリコンバレー近辺だと、サンフランシスコのダウンタウンにオフィスがあります。

費用 1時間10ドル前後、会費は別途月に7ドル程度。

Uber、Lyft

海外での車を運転は怖いとか、運転が苦手という場合には、ライドシェアと言われる新しい形式のタクシー的なサービスを利用するのがいいでしょう。
この代表となるのが、UberとLyftです。日本から会員になりやすいのがUberです。

Uberで最も安いのが、Uber Poolというサービスで、他人と相乗りする物となり、タクシーで10ドル以上する距離が半額以下で乗れることもあります。

何よりも便利なのが、スマートフォンの画面上で、乗る場所、降りる場所を指定すれば、いつ来てくれるのか、車の現在位置も分かる点です。この時点でおおよその料金もわかります。
チップも含まれており、降りる際にややこしい支払いをする必要もありません。

ただし、ピーク時には料金が2倍や3倍になることもあり、いつでも安く便利に利用出来るわけでもありません。

費用 1回あたり数ドル程度から。

バス

シリコンバレー地域は、比較的公共バスが充実しており、利用者も多く安心して乗車できます。
ただし、低所得者風の方も乗車されているので、高所得の方が多いシリコンバレーの違った面を見ることも出来ます。

バスのルートは番号で管理されており、乗車場所、目的地がバス停に近ければ、歩きとバスを組み合わせて便利に利用出来ます。
Googleマップでもバスの案内は表示されるので、ルートの番号やバス停を知らなくても、スマートフォンさえあればなんとか現地で移動することも可能です。

時刻はかなり適当ですが、主要なバス停では時間調整をしてほぼ正確な時間に発車しています。
主要なバス停に限りますが、アメリカの公共交通機関しては時間を読みやすいです。

費用 2ドル程度

Caltrain

シリコンバレー地域とサンフランシスコのダウンタウンを結んでいるのが、Caltrainです。
時間帯によっては1時間に数本運行されていて、長距離移動する場合には便利に使えます。日中は1時間に1本しかない場合もあり、利便性が悪くなる場合もありますが、長距離移動を低コスト短時間で移動するには便利な乗り物です。

費用 5ドル程度から

Light Rail – VAT

シリコンバレー地域を走っている路面電車のような乗り物でLRVに分類される交通機関です。
Caltrainの駅と一部連結しており、サンノゼのダウンタウン近辺を中心に移動するなら便利です。

費用 2ドル程度から

タクシー

タクシーの利用者よりもUber等の方が便利ですが、空港やホテルでタクシーが待機していることがあり呼び出さなくても利用出来る場合は便利に利用出来ます。
それ以外では、呼び出さなければ利用出来ないので、結局Uberなどを使っても同じとなります。

費用 10ドル程度から

Bay Area Bike Share

サンフランシスコからシリコンバレー地域を中心にサービスしているのがシェア自転車のBay Area Bike Shareです。
1日9ドルからで、1回あたりの利用が30分以内なら無料、それ以上の場合は追加料金がかかります。

どこから乗っても、どこのシェア自転車置き場に乗り捨てが出来るので、短距離を移動する場合には便利です。

http://www.bayareabikeshare.com

費用 1日9ドルから

自転車のレンタル

シリコンバレー界隈には自転車屋が多数あり、その中には自転車をレンタルする業者も多数あります。
マウンテンバイクやロードバイクが中心となりますが、自転車をレンタルして、現地の移動手段に使う事も出来ます。

もちろん、車で近所のサイクリングコースに持って行き、そこでサイクリングを楽しむことも出来ます。

費用 1日35ドル弱程度から。

その他

これらの一般的な公共手段に加えて、スタンフォード大学の無料バスMarguerite Shuttleがあります。
広大なスタンフォード大学構内だけではなく、近所のショッピングモールまで延びる路線もあるので、Palo Alto周辺に限られますが便利に利用することも可能です。

通常、一般利用者は利用出来ませんが、各IT企業が自社の社員向けにシャトルバスも走らせています。
訪問先企業によっては乗せてくれるかも知れませんので相談してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です