チップを手渡しする方法

海外旅行で日本人が戸惑うのがチップの扱い方です。
チップと言っても、レストランでのチップの払い方から、ドライバーやポーターへのチップの渡し方まで状況により渡し方や金額は異なります。

チップはただ払えばいいわけではなく、渡し方も含めてスマートに行う方が良いとされています。

特にスマートさが要求されるのが、ドライバーやポーター等へチップを手渡しする場合です。

tips

チップの渡し方の例

この画像を見ると分かりますが、ただ渡すだけなら下の画像の方がはっきりとわかります。しかし、露骨に渡していることが他の誰にもわかり、スマートさに欠けます。
一般的にチップを渡す場合はよりさりげなく渡す方が良いとされています。

具体的には、握手するような感じで、上の画像のように、お札を見えないようにしてさりげなく渡します。
相手もそれがチップである事は分かっているので、そのままスマートに受け取ってくれます。
渡す際にThank Youと一言付け加えるのも欧米では一般的です。

渡された方は慣れているので、ぱっとみただけでいくらのチップだったのかは判断できます。
金額に相場はありますが、あまりにも金額がわかる露骨すぎる渡し方は好まれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です