海外のレストランでスマートに決済する方法

海外、特に欧米のファーストフードを除くレストランは一般的に、テーブルによる決済が一般的です。
日本では超高級店を除いて、伝票を自分でレジに持って行って、帰る直前に決済をしますが、海外では食事が終わりそうなタイミングで店員が伝票を運んできます。

この伝票が運ばれてきた際に、その伝票の金額などを確認して問題なければ、その金額の現金を挟むもしくは、クレジットカードを店員に見えるように挟んでおいておきます。

海外では、レストランでゆっくりする傾向があるので、店員もこのあたりのタイミングが日本に比べてゆっくりとしています。急ぐ場合は店員にその旨伝えるか、伝票が運ばれてきたらすぐにクレジットカードなどを挟んで店員に渡しましょう。

現金の場合はおつり、クレジットカードの場合はクレジットカードで仮決済した伝票が運ばれてきます。
海外では一般的にチップを渡す習慣があるので、10%から20%のチップを渡す必要があります。渡さないのはよっぽどの事情があるときなので、忘れないようにしましょう。

仮に忘れたとしても一般的には問題ありませんが、観光地でチップを渡し忘れる場合は、伝票に初めから15%前後のチップが含まれている場合もありますので、金額を確認しておきましょう。

チップを自分で渡す場合、利用額の15%前後を渡すことになります。海外の消費税にあたるVATなどは8%前後が多いので、この金額を2倍にした金額をチップ欄に書き、チップを合計した金額を合計欄に書きます。

さらに、サインをすれば終了です。
店の控えと、客の控えの2枚あるので、両方書いて、客の控えだけを持って帰りましょう。

店に残す伝票はそのままにして問題ありません。

現金の場合は、チップ額に該当する金額を置いて帰りましょう。
クレジットカードの場合も、チップだけ現金で払うという方法があります。この場合、食事代と税金などだけをクレジットカードで払うのでチップ額は0にして、合計は食事代と税金などの合計をそのまま書き、サインをしておけば問題ありません。

チップは英語で、TipもしくはGratuityと表現されています。Gratuityという単語を覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です