タグ別アーカイブ: Google

Google I/O 2016は5月18から20日

Googleが毎年開催している開発者向けイベントGoogle I/O 2016は5月18日から20日まで、Google本社に隣接するShoreline Amphitheatreで開催される。

従来はサンフランシスコのコンベンション会場で行われていたが、今回は従来とは趣向を凝らしたイベントになりそうだ。
Shoreline Amphitherterは屋外のコンサートホールが常設されているが、これ以外にテントを設置するなどしてセッション会場にすることが予想される。

申し込み方法等の詳細は2016年1月13日現在、まだ公開されていない。

Shoreline Amphitheatre in Mountain View, CA
https://plus.google.com/+SundarPichai/posts/Gi7EcHRTrNc

iPhone 6sとNexus 6P 5XのLTE対応バンド一覧

Band iPhone 6s
Model A1688
Model A1687
iPhone 6
Model A1586 (GSM)
Model A1586 (CDMA)
Model A1524 (GSM)
Model A1524 (CDMA)
Nexus 6P Nexus 5X
1 (2100 MHz)
2 (1900 MHz)
3 (1800 MHz)
4 (AWS)
5 (850 MHz)
7 (2600 MHz)
8 (900 MHz)
9 (1700 MHz) × ×
13 (700c MHz) × ×
17 (700b MHz)
18 (800 MHz) ×
19 (800 MHz)
20 (800 DD MHz)
25 (1900 MHz) × ×
26 (800 MHz) ×
28 (700 APT MHz)
29 (700de MHz)
38 (TD 2600)
39 (TD 1900) ×
40 (TD 2300)
41 (TD 2500)

iPhone LTE
Nexus 5X
Nexus 6P

Google Android Wareをアップデート

Googleは2015年4月20日、腕時計型デバイス用のAndroid Wareのアップデートを発表した。

Wi-Fiをサポートし、手書きによる文字の認識に対応。これ以外にも使い勝手の向上が多く含まれている。

現在発売されている7機種の各Android Wareに対応する。

Android Wear: wear what you want, get what you need

Open_AsusChromebook10_Silver_1000

149ドルからのChromebook登場

Googleは2015年4月1日、149ドル日本円で18,000円程度のChromebookを発表した。
HaierとHisenseのChromebookで液晶サイズは11インチ程度の模様。

これ以外にも、TRUE、XOLO、Nexianからも製品が登場し、11.6インチから15インチのサイズで199ドルから499ドルで提供される。
また、ASUSから2-in-1タイプのような、ASUS Chromebook Flipも249ドルで発表され、Chromebookのフォームファクターも多様化していくようだ。

これ以外には、HDMI端子に接続して使用するスティック型のASUS製のChromebitも発表され、2015年夏に100ドル以下で提供される予定。

GoogleがUSB Type-Cに対応した新型 Chormebook Pixelを発表

Googleは2015年3月11日、Chromebook Pixelの新モデルを発表した。
Chromebookの中でも高解像度で、ハイスペック仕様の製品がChromebook Pixelだが、今回のモデルではUSB Type-Cポートを2つ採用した新モデルとなる。

CPUはインテルの第5世代Core i5もしくはCore i7を採用。
12.85インチで2560×1700のアスペクト比3:2のタッチ対応ディスプレイを採用。解像度は239ppi。

サイズは297.7mm x 224.55mm x 15.3mm。
重量は1.5Kg。
価格は$999か$1299。

Chromebook Pixel

http://googleblog.blogspot.jp/2015/03/meet-updated-chromebook-pixel-and-new.html

詳細は執筆中

Google I/O 2015は5月28、29日に開催

Googleは2015年2月10日、自社の開発者会議Google I/O 2015を5月28日と29日に開催すると発表した。
場所はサンフランシスコのMoscone Center West。
登録は3月17日から可能だが、参加者はその中から抽選で選ばれる。価格は発表されていないが2014年は900ドル。

Google I/O 2015
Google Developers Google+

nexus-player

Android TVプラットフォーム採用のNexus Player

GoogleはAndroid TVプラットフォームを採用したセットトップボックス「Nexus Player」を国内で販売する。
Chromecastはスマートフォンやタブレット、パソコンの画像をテレビに表示するためのアダプターだが、「Nexus Player」はAndroid TVがプラットフォームとして使われている。Android TV自体Android 5.0をベースにしている。このため、動画のような画像表示だけで無く、ゲームやアプリも利用できる。スマートフォンとは異なり、リモコンやコントローラーを使って操作するので、対応したアプリ等が必要になる。

今回発売するNexus PlayerはAndroid TVプラットフォームを始めて採用した製品となり、インテルのAtomを採用、メモリは1GB、ストレージは8GB。グラフィック機能としては、ImaginationのPowerVR Series 6を採用している。
今回の製品は、Android TVプラットフォームを採用した一例で、テレビ自体に組み込むような事も可能性としてある。

価格は12,800円。マイク付きリモコンが付属する。
2月下旬発売予定。

Google Nexus Player
Android TV 搭載 Nexus Player を日本で販売します。

google-inbox

GoogleがGmail用の新アプリInboxを公開 ブラウザ版も提供

Googleは2014年10月23日、Gmail用の新アプリとしてInboxを公開した。

メールは単純に一覧表示するのでは無く、内容に合わせて、まとまった形で表示される。画像がついている場合はサムネイルを表示する機能もある。
従来の一般的なEメールクライアントよりも先進の機能を搭載しており、従来型の使い方をしたい方にとっては戸惑うだろうが、日々の膨大なEメールの処理が快適になる可能性も秘めたアプリだ。

現在、招待制になっておりGoogleから招待されるまで使用出来ないが、Android版とiOS版が提供されている。
iOS版はiPhone 6シリーズへの最適化もされている。

Google Chromeに限られるが、ブラウザ版のInboxも提供されている。
https://inbox.google.com/

https://www.google.com/inbox/
An inbox that works for you

NexusFamily

GoogleがAndriod 5.0採用のNexus 9とNexus 6を発表

GoogleはAndroid 5.0を搭載するタブレットのNexus 9と、スマートフォンのNexus 6を発表した。

Nexus 9
Nexus 9は8.9型のディスプレイを搭載し、NVIDIAの64bit Tegra K1を採用したハイパフォーマンスな
Androidタブレット。
液晶解像度はQXGA(2048×1536)で、Wi-FiモデルとLTEモデルが用意される。

メモリーは2GBでストレージは16GBか32GB。
サイズは153.68 mm x 228.25 mm x 7.95 mm、重量はWi-Fi 425g、LET 436g。
価格は399ドルから。製造はHTCで11月出荷。

Nexus 6
Nexus 6は5.96型でQHD解像度(2560×1440)を(493ppi)を採用するスマートフォン。
LTE対応バンドは2、3、4、5、7、12、13、17、25、26、29、41となっている。

ちなみにAppleのiPhone 6(日本モデル)で対応するLTEバンド
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26、28、29)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)

CPUは2.7GHzのQualcomm Snapdragon 805を採用。メモリ、ストレージは32GBか64GB。
サイズは82.98 x 159.26 x 10.06mm、重量は184gとなる。
Motorola製で10月29日より出荷。

http://www.google.com/nexus/9/
http://www.google.com/nexus/6/

Android: Be together. Not the same.

Lollipop-Forest

Google Android Lの正式バージョンAndroid 5.0とコード名Lollipopを発表

Googleは2014年10月15日、Androidの次期バージョンがAndorid 5.0で、コード名がLollipopであることを公開した。従来はAndorid Lとだけ言われていた次期OSだが、ようやく詳細が明らかになりつつある。

Android 5.0では5,000以上のAPIが追加され、64bitサポート、マテリアルデザイン等が特徴のようだ。

既存の、Nexus 4, 5, 7, 10には数週間以内に提供され、同時に発表された新デバイスではこのOSが搭載されて出荷される。

Android: Be together. Not the same.