タグ別アーカイブ: Camera

ソニーのアクションカムが空間光学ブレ補正機能に対応

Sony FDR-X3000

アクションカム市場はGoProが切り開き、従来のカメラメーカーは後塵を拝していました。
その中で、徐々に機能面でも強化しているのがソニーのアクションカムです。

2016年6月20日発表された4K対応のFDR-X3000(5万円前後)、フルHD対応のHDR-AS300(4万円前後)はソニーのビデオカメラに搭載されている空間光学ブレ補正機能に対応しました。
この空間光学手ブレ補正機能は、カメラのブレに応じてレンズとセンサー部分そのものが動きブレを補正する機能です。
カメラ本体だけでステディカムのような映像が撮れるようになります。

さらに、通常の三脚穴に対応、一般のステレオマイク端子も搭載、本体だけで防滴機能もあります。

ライブビューリモコン付きモデルもあり、アクションカメラ市場ではGoPro一強時代も変わろうとしているようです。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201606/16-0620/

Canon EOS M3 Battery

Canon EOS M3の動画撮影時間

キヤノンが2015年3月に発売するミラーレス一眼レフのEOS M3はオートフォーカスの性能が上がり、操作性も上がったようだが、動画撮影時間も若干延びているようだ。

歴代の動画撮影時間はカタログ値で
EOS M 1時間30分 LP-E12
EOS M2 1時間30分 LP-E12
EOS M3 1時間40分 LP-E17

新しいバッテリーのLP-E17は同時に発表されたEOS 8000D、Kiss X8iと同じでDC8.4V 700mAh。
LP-E12は7.2V 875mAh。

p2015feb06a

CanonのPowerShot G3 Xのレンズ性能はどうなる?

キヤノンは2015年2月6日、1型センサーを採用し、高倍率ズームレンズを搭載したコンパクトカメラ「PowerShot G3 X」の開発を発表した。

キヤノンで1型センサーを搭載したカメラとしては、2014年10月に発売したPowerShot G7 Xがある。
センサーの性能は有効2,020万画素でISO 125-12800。
レンズの性能は35mm換算で、24-100mm F1.8-2.8。

他社で同サイズのセンサーを使った高倍率ズーム製品としては、ソニーのサイバーショット DSC-RX10がある。
センサーの性能は有効2,020万画素でISO 125-12800。
レンズの性能は35mm換算で、24-200mm F2.8。
本体重量は755g。

同サイズのセンサーを搭載し、より高倍率のズームレンズとしては、パナソニックのFZ1000がある。
MOSセンサーを採用し、有効2,010万画素でISO 125-12800。
レンズの性能は35mm換算で、25-400mm F2.8-4.0。
本体重量は780g。

PowerShot G3 Xは1型センサーを採用し、レンズは24mmから600mm相当で25倍ズームという情報しか公表されていない。
画像は公開されており、2014年2月12日から開催されるCP+で参考出品されるが、レンズの性能や細かなスペックがここで公開されるのかどうかは不明。

ちなみに、キヤノンの他の高倍率ズームでは、30倍のPowerShot SX710 HSはF3.2-6.9、40倍のPowerShot SX410 HSはF3.5-6.3となっている。

これはPowerShot Gシリーズというプレミアムコンパクトにカテゴライズされる製品で、より高性能なコンパクトカメラとなるだけに、レンズを含めた各種性能の妥協点も少なくなることが期待される。

キヤノン1型センサーを採用した高倍率ズームレンズ搭載PowerShot G3 Xを開発

キヤノンEOS M3の動画サンプル

キヤノンが2015年2月6日発表した、ミラーレスカメラ「EOS M3」の動画サンプルをキヤノンがYouTubeで公開している。

https://www.youtube.com/watch?v=zqks-hc32Zg

EOS M3は旧モデルに対してオートフォーカス性能が向上している。
オートフォーカスはEOS Mはハイブリッド CMOS AF、EOS M2はハイブリッドCMOS AF II、EOS M3はハイブリッドCMOS AF IIIで機種毎に進化している。最新型はキヤノンによれば従来比3倍となっているという。

このオートフォーカス速度比較用の動画も公開されている。

https://www.youtube.com/watch?v=oNoSSXZUsFc

Canon EOS M3

Canon PowerShot SX710 HSの動画撮影時間

キヤノンが2015年2月6日発表したコンパクト高倍率ズームデジタルカメラのPowerShot SX710 HSは、動画撮影関連の機能が高いのは従来機種からの特徴となっている。
しかし、動画機能を売りにしたSX280の動画撮影時のバッテリー持続時間は非常に短く、動画撮影用にはほとんど使い物にならなかった。

SX280はカタログスペックで約25分
SX700はカタログスペックで約40分
SX710はカタログスペックで約45分

と着実に伸ばしている。カタログスペックながらSX280ユーザーにとっては2倍ほど、SX700ユーザーにとっても若干長くなっているので、使い勝手は向上しているようだ。

静止画の撮影時間はCIPA規格によるとバッテリーはNB-6LHで共通で新しいSX710は約230枚、1世代前のSX700は約250枚となっており、新モデルは静止画の撮影枚数は減っている。

PowerShot SX280 HS
PowerShot SX700 HS
PowerShot SX710 HS

キヤノンEOS 5Dsのライムラプス動画サンプル

キヤノンが2015年2月6日発表したデジタル一眼レフカメラEOS 5Ds, 5Ds Rには、本体内に、タイムラプス動画、バルブタイマー、インターバルタイマー機能が搭載されている。
この中で、タイムラプス動画機能を使って撮影した動画をキヤノンがYouTubeに公開している。

https://www.youtube.com/watch?v=PbC-Xe_n0pc

https://www.youtube.com/watch?v=r4lsg_i-jmA

Canon EOS 5Ds

Canon EF11-24mm F4L USMのサンプル動画

キヤノンは2015年2月6日、同社EOSシリーズ用EFレンズに、超広角の「EF11-24mm F4L USM」を追加した。
魚眼を除くと世界最広角のレンズとなっている。2月下旬発売で45万円。

このレンズを使った11mmから24mmの静止画と動画を、キャノンがサンプル動画としてYouTube上で公開している。

https://www.youtube.com/watch?v=mI_gHK5hqnE

Canon EF11-24mm F4L USM

hero4

GoPro HERO4を発表

GoProは2014年9月29日、アクションカメラの新モデルGoPro HERO4を発表した。
HERO4はBlack EditionとSilver Editionの2モデルで展開する。10月5日発売で、Blackは$499、Silverは$399。

日本での価格はBlackが59,500円となる。

特にカメラとしての機能が強化されたのはBlackで、4K 30Pでの撮影に対応。Silverは液晶画面が標準で搭載される。
Protuneは写真でも適用可能になり、リモートコントロールにはWi-Fiに加えてBluetoothにも対応する。
録音機能も強化された。

従来のHERO3シリーズからバッテリーが変更になり互換性は無くなった。ハウジングはHERO3から共通して使用可能。

$129.99の低価格版GoProも登場している。

http://gopro.comc

canon-eos7dm2

キヤノン5年ぶりの新モデルEOS 7D Mark IIを発表

キヤノンは2014年9月16日、EOS 7D Mark IIを発表した。初代7Dの発売が2009年だったため5年ぶりの新モデルとなる。11月発売。
EOS 7DシリーズはAPS-Cサイズのセンサーを搭載し、高速連写が特徴だが、今回のモデルは最大秒間10コマの連写に対応。

AF性能も向上、常用ISO感度は100から16000。基本性能も向上した。
GPS機能を搭載、Wi-Fiの搭載はない。
CFとSDカードのデュアルスロットを搭載。

EOS 7D Mark II

canon-g7x

キヤノン1型センサー搭載のハイエンドコンパクトPowerShot G7 X

キヤノンは2014年9月16日、1型センサー搭載のハイエンドコンパクトデジタルカメラPowerShot G7 Xを発表した。
プレミアムコンパクトシリーズのGシリーズにはセンサーサイズの比較的大きなカメラがラインナップされていたが、よりコンパクトで持ち運びしやすいサイズの新型モデル。

24-100mm相当 F1.8-F2.8で、明るく使い勝手のいいレンズを採用。
オートフォーカスも早く、最大6.5/秒の高速連写にも対応。動画は5軸手ブレ補正、フルHD 60pにも対応する。

液晶は180度チルト対応。

サイズは103.0×60.4×40.4mm、バッテリーを含む質量は304g。
10月3日発売。

対抗機種となるソニーのRX100M3は101.6×58.1×41.0mm、重量は290gで、EVFを搭載している。

PowerShowt G7 X