月別アーカイブ: 2014年10月

ASUS SIMフリーのZenFoneがZenFone 5のみとなった理由はLTE対応

ASUSは2014年10月28日、SIMフリーのAndroidスマートフォンZenFone 5の国内市場投入を発表した。
ASUSのZenFoneは画面サイズや、仕様によっていくつかのバリエーションがあるが、今回日本市場に投入されるのは5型液晶を搭載するZenFone 5のみとなる。

他のモデルが日本市場で販売されない大きな理由はLTEの対応だ。日本市場ではLTE対応が非常に重要となっているため、日本市場に合わせたLTEを提供しているZenFone 5を投入することになった。

日本市場投入に合わせて日本の発表会に登壇したASUSのジョニー・シー会長は、今後LTEを充実させたZenFone 2を投入することを発表会後の囲み取材で答えている。

https://www.youtube.com/watch?v=194pfQJ3IKg

Wimax2-40mhz

UQ WiMAXを低速化することでWiMAX 2+を高速化へ

UQコミュニケーションズは、現在110Mbpsで提供しているWiMAX 2+を2015年春より下り最大220Mbpsに高速化することを発表した。

現在、30MHz使用しているWiMAXから20MHz分をWiMAX 2+へ切り替え、キャリアアグリゲーションでWiMAX 2+の速度を高速化する。その代わりWiMAXは10MHz分のみで運用し、最大速度は40Mbpsから、下り最大速度13.3Mbpsに低下する。

現在、WiMAXを使用しているユーザーに向けて11月1日より「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を2014年11月1日から始める。

WiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーションの導入について
「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」の実施について

google-inbox

GoogleがGmail用の新アプリInboxを公開 ブラウザ版も提供

Googleは2014年10月23日、Gmail用の新アプリとしてInboxを公開した。

メールは単純に一覧表示するのでは無く、内容に合わせて、まとまった形で表示される。画像がついている場合はサムネイルを表示する機能もある。
従来の一般的なEメールクライアントよりも先進の機能を搭載しており、従来型の使い方をしたい方にとっては戸惑うだろうが、日々の膨大なEメールの処理が快適になる可能性も秘めたアプリだ。

現在、招待制になっておりGoogleから招待されるまで使用出来ないが、Android版とiOS版が提供されている。
iOS版はiPhone 6シリーズへの最適化もされている。

Google Chromeに限られるが、ブラウザ版のInboxも提供されている。
https://inbox.google.com/

https://www.google.com/inbox/
An inbox that works for you

Apple Payでの決済の様子がYouTubeで公開される

Apple Payでの決済が現地時間の2014年10月20日からアメリカで開始されました。
これに関してYouTubeでいくつも実際の決済がどうなるのかの動画が公開されています。


lumbjohでは、マクドナルドでの利用方法を実践していますが、若干戸惑っているところも見受けられます。
ちなみに、アメリカでのマクドナルドではこれくらいの英語が理解出来ないと、まともに注文が出来ません。


さらに、自動販売機でロック画面からの購入プロセスも紹介しています。


アメリカの大手薬局チェーンのwalgreensでは公式な動画としてApple Payを使った買い物方法を公開しています。
会員証などはPasbookで表示されるバーコードで確認したり、自分で店頭の端末に入力する模様を公開されています。
その後、NFCを使ってApple Payで決済というやりとりが動画に含まれています。

IBTimesTVではアメリカの室内に置かれている自動販売機での購入例を、登録の仕方から解説しています。


ABC Newsではプライバシーやセキュリティーに関してニュース動画にしています。


Associated Pressはこのシステムの解説も含めてニュース動画として公開しています。

東芝の新方式ペン入力Windowsタブレットは2014年中に発売

東芝がCEATEC 2014で参考出品した、ワコムの新方式ペン入力に対応したWindowsタブレットの発売日が公表されました。
日本マイクロソフトがOffice Premium発売前日に開催したイベントで、東芝の関係者が明らかにしました。

CEATEC 2014では、発売日は未定としていましたが、イベント中に2014年中の発売と発言しました。
2014年中なので、12月までに発売することになり、価格もそれほど高くない物になるようです。

https://www.youtube.com/watch?v=h3xFnRUnqyE

CES-tokyo

CESがUnveiled Tokyoを2015年2月に開催

アメリカのエレクトロニクス系団体Consumer Electronics Association(CES)は2014年10月16日、東京でCES Unveiled Tokyoを2015年2月18日に開催することを発表した。

CES UnveiledはCESが世界各地で開催しているプチ展示会で、アメリカ以外ではヨーロッパなどで開催していたが、今回初めて日本でも開催される。

CESで最大のイベントは1月にラスベガスで開催されるInternational CESだ、
CES Unveiled自体は、1月に行われるCESの2日前にも行われている。こちらは、CES開催前に報道陣などに事前に情報を披露することで、CES自体はもちろん、CESに出展する企業のアピールにもつながっている。

このCESの本番に向けての宣伝的な意味合いもあるイベントが、世界各地で行われるCES Unveiledとなる。

日本での家電ショー的なイベントは縮小傾向にあるが、特定の分野でのイベントには重要な意味もあり、Unveiled Tokyoがどのようなイベントになるのかは注目される。

12月追記
その後の情報によれば、Unveiledシリーズのキックオフとなるのがこの東京でのイベントで、六本木のグランドハイアット東京で午後1時から6時まで行われるとのこと。

CES Unveiled Tokyo
CEA Announces International CES Unveiled Coming to Tokyo on February 18

iMac Retina 5Kディスプレイモデルの価格や構成

アップルが2014年10月17日発表したiMac Retina 5Kディスプレイモデルは日本での価格が258,800円から。
27インチディスプレイで5,120×2,880という4Kシネマを超える解像度が最大の特徴となる。

この時の仕様は
3.5GHzのCore i5
8GHzメモリ
1TB Fusion Drive
AMD Radeon R9 M290X 2GB GDDR5
という最低限の構成。

これにカスタマイズオプションとして料金を追加するとスペックを変更できる。
4GHzのCore i7で24,500円

メモリは
16GBが19,600円
32GBが58,800円

ストレージは
3TB Fusion Driveが14,700円
256GBフラッシュは1TB Fusion Driveと同価格
512GBフラッシュ 29,400円
1TBフラッシュストレージ 78,400円

AMD Radeon R9 M295X 4GB GDDR5が24,500円

となる。

ストレージはどれが位以下は別問題だが、最も高価な構成の場合は366,000円となる。

価格はすべて税別

iMac Retina 5K

Apple Special Event 2014年10月版で語られたこと

アップルが米国時間の2014年10月16日にスペシャルイベントを開催した。
イベントで語られた概要は以下の通り。

iPhone 6シリーズの発売、各種レビューは非常に順調。
中国でiPhone 6シリーズを発売。
Apple Payを10月20日から開始。発表当初より対応銀行、対応店舗が増える。
Apple Watchは開発用のWatchKitを11月に提供。Apple Watch自体は2015年初頭に発売。
4週間で48%のユーザーがiOS 8を利用、46%がiOS 7。Androidに比べて最新のOSを多くのユーザーが利用している。
iOS 8.1を10月20日より提供。
OS X Yosemiteを2014年10月16日(米国時間)より提供。
iOS、OS X Yosemite、iWorkは無料

iPad Air 2
従来モデルより薄くなった。厚みは初代iPadの半分以下。
7.5mmのiPad Airより18%薄く、厚みは6.1mm。厚みは若干軽く。

iPad
iPad Air 2
従来モデルより薄くなった。厚みは初代iPadの半分以下。
7.5mmのiPad Airより18%薄く、厚みは6.1mm。厚みは若干軽く。
価格は容量にもよるが従来より100ドルほど安く。

iPad mini 3も強化。
iPad mini、iPad mini 2、iPad Airは価格を下げて併売。iPad miniは249ドルより。

Mac

iMac
27インチはRetina displayに対応。
解像度は4Kを超える5120×2880。
2499ドルより。従来解像度モデルも併売される。

Mac miniも新しくなった。
499ドルより

どちらも2014年10月17日より出荷。

NexusFamily

GoogleがAndriod 5.0採用のNexus 9とNexus 6を発表

GoogleはAndroid 5.0を搭載するタブレットのNexus 9と、スマートフォンのNexus 6を発表した。

Nexus 9
Nexus 9は8.9型のディスプレイを搭載し、NVIDIAの64bit Tegra K1を採用したハイパフォーマンスな
Androidタブレット。
液晶解像度はQXGA(2048×1536)で、Wi-FiモデルとLTEモデルが用意される。

メモリーは2GBでストレージは16GBか32GB。
サイズは153.68 mm x 228.25 mm x 7.95 mm、重量はWi-Fi 425g、LET 436g。
価格は399ドルから。製造はHTCで11月出荷。

Nexus 6
Nexus 6は5.96型でQHD解像度(2560×1440)を(493ppi)を採用するスマートフォン。
LTE対応バンドは2、3、4、5、7、12、13、17、25、26、29、41となっている。

ちなみにAppleのiPhone 6(日本モデル)で対応するLTEバンド
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26、28、29)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)

CPUは2.7GHzのQualcomm Snapdragon 805を採用。メモリ、ストレージは32GBか64GB。
サイズは82.98 x 159.26 x 10.06mm、重量は184gとなる。
Motorola製で10月29日より出荷。

http://www.google.com/nexus/9/
http://www.google.com/nexus/6/

Android: Be together. Not the same.

Lollipop-Forest

Google Android Lの正式バージョンAndroid 5.0とコード名Lollipopを発表

Googleは2014年10月15日、Androidの次期バージョンがAndorid 5.0で、コード名がLollipopであることを公開した。従来はAndorid Lとだけ言われていた次期OSだが、ようやく詳細が明らかになりつつある。

Android 5.0では5,000以上のAPIが追加され、64bitサポート、マテリアルデザイン等が特徴のようだ。

既存の、Nexus 4, 5, 7, 10には数週間以内に提供され、同時に発表された新デバイスではこのOSが搭載されて出荷される。

Android: Be together. Not the same.