月別アーカイブ: 2014年9月

HP Chromebook 11 G3を国内投入

日本HPはChromebookのHP Chromebook 11 G3を主に企業と教育市場向けに発表した。

Celeron N2830を搭載、メモリは4GB、16GB eMMCのストレージを内蔵する。
画面サイズは11.6型で解像度は1366×768の比較的小型の機種。

日本語版と英語版キーボードが用意され、どちらかを選択できる。
バッテリー駆動時間は8時間。

重量は1.28kgで、IEEE802.11 ac対応 最大867Mbps。

10月中旬に発売し、オープン価格となる。

日本HP

hero4

GoPro HERO4を発表

GoProは2014年9月29日、アクションカメラの新モデルGoPro HERO4を発表した。
HERO4はBlack EditionとSilver Editionの2モデルで展開する。10月5日発売で、Blackは$499、Silverは$399。

日本での価格はBlackが59,500円となる。

特にカメラとしての機能が強化されたのはBlackで、4K 30Pでの撮影に対応。Silverは液晶画面が標準で搭載される。
Protuneは写真でも適用可能になり、リモートコントロールにはWi-Fiに加えてBluetoothにも対応する。
録音機能も強化された。

従来のHERO3シリーズからバッテリーが変更になり互換性は無くなった。ハウジングはHERO3から共通して使用可能。

$129.99の低価格版GoProも登場している。

http://gopro.comc

New Nintendo 3DSの店頭デモが始まる

任天堂が2014年10月11日に発売するNew Nintendo 3DSの店頭デモが9月下旬から始まっています。
一見、従来の3DSを同等なのでわかりにくいですが、右スティックが目印となります。

右スティックを生かせるゲームがデモにほとんど無いので、利点がわかりにくいですが、3Dのブレ防止機能は当然ながら機能しています。

このブレ防止機能は従来の3DSと比べると雲泥の差です。
上下方向と、かなり斜めの状態から見たり、実際のゲームではあり得ないほど高速に動かしたりした場合は、ブレてみえる事もありますが、普通に使う場合はほとんどブレがわからないくらいの品質になっていることがわかります。

3Dの立体感も今まで以上かもしれません。

New Nintendo 3DS

SamsungEU

サムスンがヨーロッパでのノートパソコンの販売から撤退へ

報道各社が9月23日頃からサムスンがヨーロッパのLaptopとChromebookの販売から撤退すると報じています。

この件についてサムスンの広報担当は
「We quickly adapt to market needs and demands. In Europe, we will be discontinuing sales of laptops including Chromebooks for now. This is specific to the region – and is not necessarily reflective of conditions in other markets」

「私たちはすぐに市場のニーズや要求に適応する。欧州では、今のChromebooksを含むノートパソコンの販売を中止します。これは地域に固有のもの – と他の市場の状況を必ずしも反映していないです」
Google翻訳

と述べており、市場状況を鑑みてヨーロッパ市場から撤退するようです。
PCについては、ソニーが撤退し、東芝も地域や製品を絞り込むことを公表しています。シェアの少ないサムスンも利益率の低い市場から撤退するようですが、Chromebookからも撤退するのが注目となります。

Samsung exits laptop market including Chromebooks PC Advisor

レノボによるIBMのx86サーバー買収完了間近に

レノボとIBMは2014年9月29日、レノボによるIBMのx86サーバー事業買収について10月1日を効力発生日として、この取引のクロージング手続きを開始することを発表した。
この結果、グローバルで421億ドル規模のx86サーバー市場で第3位のシェアとなる見込み。

今回の取引でレノボが取得するのは、System X、BladeCenter、Flex Systemブレードサーバーおよびスイッチ、x86ベースのFlex統合システム、NeXtScaleおよびiDataPlexサーバーと関連ソフトウェア、ブレードのネットワーキングおよび保守業務。
IBMが保持するのは、System zメインフレーム、Power Systems、Storage Systems、POWERベースのFlexサーバー、PureApplicationおよびPureDataアプライアンスとなる。

今回の買収価格は21億USドルとなる。

sony-FMP-X7

ソニーが4Kチューナー・メディアプレーヤーのFMP-X7を発表

ソニーは2014年9月29日、124/128度CSデジタル放送で試験放送されている「Channel 4K」を受信できる4Kチューナー・メディアプレーヤーの「FMP-X7」を発表した。

対応する放送やネットの動画は、試験放送中のChannel 4K、2014年12月開始予定の4Kアクトビラ、2015年3月スタート予定のスカパープレミアムの4K放送。
USB HDDの接続に対応し、録画可能な放送は録画が可能。

これ以外に、XAVC SとMP4(AVC、HEVC)にも対応し、FMP-X7に直接接続するか、USB HDDに記録すれば60Mpbsもしくは100Mbpsまでのデータの再生に対応。

動画以外には、192kHz/24bitまでのFLACやWAV、写真の再生も可能。

価格は4万円程度。10月18日発売。

4K放送・配信や、4Kハンディカムで撮影した4K動画、ハイレゾ音源に対応 4K対応ブラビアとの簡単接続、簡単操作で、4Kの楽しみを広げる「4Kメディアプレーヤー」発売
FMP-X7

cr-bend

Consumer ReportsがiPhone 6 Plusの曲げ試験結果を公表

アップルのiPhone 6 Plusが曲がる問題 #bendgate について、アメリカの各種製品をテストするConsumer Reportsが各種スマートフォンのテスト結果を2014年9月26日に公開した。

Consumer Reportsは車のような高価な製品も含めて各種製品の評価をする非営利団体。
今回のように実際の製品を集めて壊れるまでテストするようなことも行っており、テスト用の機器を使った科学的な試験も行っている。

今回は曲げ試験器を使い、各種スマートフォンを壊れるまで曲げる試験結果を公開した。
その結果、iPhone 6 Plusは90ポンド(40kg)で曲がった。これは鉛筆4本を折る程度の力となる。

cr-bend1

他の製品も含めて、通常の使用方法では問題ないと結論づけている。

Consumer Reports test results find iPhone 6 and 6 Plus not as bendy as believed

YouTubeが動画制作をサポートするオメガプログラムを開始

YouTubeは動画撮影用の場所としてYouTube Spaceという専用の撮影スタジオを世界の数カ所に用意しています。
東京なら、六本木ヒルズにYouTube Space Tokyoがあります。
カメラ自体は個人ではとても買えないような高価な物が、YouTube Spaceに用意されており、スタジオで照明も、音声も素人には意味がわからないような高価な物が沢山用意されています。

問題は、これらの機材を使いこなすためには技術も必要で、素人がちょっと教わったところで使いこなせる物ではありません。
イージーシュートといって、プロのカメラマンなどが撮影してくれる日はあります。
しかし、例えば短編映画、映画までは行かないけど、そこそここった物を作りたいみたいな場合は、時間もかかりますし、技術を持った人も必要です。

そんな、アイデアはあるけど、資金力も無し、技術も機材も無いという人に向けたのがオメガプログラムです。

YouTubeの登録者が8000人いるなど基準はありますが、YouTubeにアイデアが認められれば、機材はもちろん、技術を持ったエンジニアによる撮影が出来るようになるプログラムです。
これに必要な資金はYouTubeから提供されるので、アイデアはあるけど、それ以外がという人や資金が不足していてというような人が面白い動画を作るにはもってこいのプログラムとなっています。

例えば、大怪獣グララはこのプログラムを使って撮影された物だそうです。

オメガプログラムの詳細と申し込みはこちら
https://www.youtube.com/yt/space/omega.html

appletestlabs

AppleがiPhone 6 PlusのBendgate問題を受けて耐久試験を公開

AppleはiPhone 6 Plusが曲がるという bendgate 問題を受けて、数人の記者に自社の耐久試験を公開した。
耐久試験は各社が開発の一環として行われている物。レノボでは大和研究所に拷問試験 Torture Testの施設があることが有名で、各社が似たような施設で自社製品をテストしている。

アップルが今回公開したのは、座った状態のテスト、ひねりテスト、プレッシャー等の一般的な試験。

iPhoneに限らずアップルの各製品で行われている試験のようだ。

Inside Apple’s Secret Testing Labs (Where iPhones Are Bent All Day Long) Re/code