カテゴリー別アーカイブ: Video

Amazon 4K対応のFire TVを99ドルで発売

Amazon.comは2015年9月17日、4K対応のFire TVを発表した。
Fire TVはテレビに接続してAmazonが提供する映像コンテンツ、ゲーム等を楽しめる端末で、今回発表されたのはHDMI端子に直結しスティック型のFire TV Stickと、4Kに対応するFire TV。Fire TVはゲームに対応するコントローラー付きと、通常のリモコン付きの2タイプが提供される。

Amazon Fire TV Stick
Fire TV Stick
スティック型で39.99ドル。
ボイスコントロール対応リモコン付きは49.99ドル。
フルHDまでに対応し、音声操作に対応する映像コンテンツ視聴と、簡単なゲームを楽しめる。

Fire TV Stick

Amazon Fire TV
Amazon Fire TV / Amazon Fire TV Gaming Edition
ボイスコントロール対応リモコン付きは99.99ドル。
ゲーム対応コントロール付きは139.99ドル。
4Kに対応する製品で、映像コンテンツはもちろん、タブレットのFireシリーズのゲームも楽しめる。ストレージは8GBだが、128GBまでmicroSDカードで増設可能。

Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Gaming Edition

映像コンテンツはAmazonの提供している物に加えて、Netflix、Hulu、Showtime、HBOといった主要配信サービスからの映像も楽しめる。

今回の製品の特徴は、他社に比べて低価格ながら4Kにも対応し、ボイスコントロールやゲームにも対応している点。
製品自体の競合にはアップルのApple TV、GoogleのChromecast、Nexus Player、NVIDIAのSHIELD等、またはTVに標準の機能がある。しかし、本当の競合は日本なら地上波テレビ、米国ならケーブルテレビとなる。

民法のテレビ番組を2015年10月からネット配信

日本民間放送連盟が2015年3月19日に行った井上会長の会見で、2015年10月から在京キー5局のテレビ番組をインターネットで配信することが公表された。
名称は決まっておらず「広告付き無料配信トライアル」としている。

内容はプライムタイムに放送している番組を1週間程度インターネットで広告付きで配信する物。
CMスキップ等は不可能で、民放各社のポータルから試聴できるようにする。
利用状況を検証して、将来の正式サービスにつなげるようだ。

井上会長会見

YouTubeが360度動画のアップロードに対応

YouTubeは2015年3月13日、360度動画のアップロードに対応したことを発表した。
RICOHのTHETAのような360度の動画を撮影できるカメラの動画のアップロードに対応。360度動画の視聴は、パソコンのChromeブラウザとAndroidアプリで当初対応する。

動画再生中に動画を360度動かせるようになっている。

各動画はYouTube用にメタデータを追加する必要があり、YouTubeのヘルプに作成方法についての解説がなされている。

360 度動画のアップロード

日本で販売されている360度撮影が可能なカメラの例
RICOH THETA
Kodak SP360

A new way to see and share your world with 360-degree video

youtubeKids

Googleが子ども向けアプリYouTube Kidsを提供開始

Googleが子ども向けYouTubeアプリの提供を開始した。
アメリカのストアのみになるが、AndroidのGoogle PlayとiPhoneとiPad用のApp Storeで無料で提供されている。

5歳までの子ども向けにデザインされたYouTube再生アプリで、子ども向け用のUIを採用し、表示される動画も子ども向けのみとなる。
タイマー機能も用意されており、親が、子どもにタブレットやスマートフォンを使わせて動画を視聴させるのにちょうどいいアプリになりそうだ。

日本での提供時期はまだ公表されていない。

Introducing the newest member of our family, the YouTube Kids app–available on Google Play and the App Store

nintencCP

任天堂がゲーム実況動画を収益化出来るNintendo Creators Programを開始

任天堂は2015年1月28日、ゲーム実況動画をYouTube上で収益化出来るNintendo Creators Program(ニンテンドー・クリエイターズ・プログラム)をβ版として開始した。

従来、任天堂が権利を持つゲーム動画をYouTube上にアップロードするには個別に許可を得なければならなかった。このプログラムに事前登録することで、任天堂が権利を持つ動画を使った実況動画等を制作し、任天堂と広告収益をシェアできるようになった。

このためには、任天堂の専用サイトに登録し、PayPayのビジネスアカウントを取得しなければならない。
ユーザー側は、チャンネルまるごとをこのプログラムに登録するか、個別の動画を登録するか選べる。
チャンネルまるごとを登録した場合、チャンネル上のすべての動画を任天堂とシェアすることになるので、任天堂専用チャンネル以外は、個別動画の登録になりそうだ。

配分比率は現時点で、チャンネルまるごとは70%、個別動画は60%となっている。
支払いはアメリカドルで行われる。

https://r.ncp.nintendo.net/

asusGTX960

NVIDIA GeForce GTX 960を発表

NVIDIAは2015年1月22日、GeForce GTX 960を発表した。
2013年6月に発売されたGeFotce GTX 760の後継となる製品で、価格は199ドル。GTX 760やその前の世代のGTX 660と比べると1割から2割程度価格は下がった。

このクラスの製品は、価格を抑えながらゲームユーザー向けにパフォーマンスが高い製品で、MAXWELLアーキテクチャーを採用した最新世代のGPUとなる。

1080P解像度でのフレームレートは2世代前のGTX 660は40fps弱だったが、GTX 960では60fps程度となる。
消費電力はGTX 660が140Wだったところ、GTX 960は120W。パフォーマンスを必要としないゲームの場合、消費電力は落ちて30W程度になりボードに搭載しているファンの回転も止まる。オーバークロックも設定画面から簡単に設定可能。MAXWELL世代の最新機能もサポートし、リーズナブルにゲームを楽しみたいユーザーに最適の製品となる。

nvGTX960

YouTubeMusicKey

YouTubeがサブスクリプション型YouTube Music Keyを開始

YouTubeは2014年11月12日、サブスクリプション型の音楽サービスYouTube Music Keyを開始する。
現在はベータ版のYouTube Music Key bataの招待制で価格は月に$9.99。

広告なしで300万曲以上を利用できるサービスで、モバイルデバイスでのオフライン再生、バックグラウンド再生にも対応する。
30万曲以上が利用できるGoogle Play Musicも含まれ、専門家が制作したプレイリストも提供される。

YouTube Music Key

Music on YouTube that hits the right note

YouTubeが有料サービスを検討

YouTubeが広告なしになる有料サービスを検討していると、Wall Streat Journalが2014年10月28日に報じている。
2014年秋現在、YouTubeには有料で動画を視聴できるサービスをいくつか展開しているが、YouTubeの収入源の大部分を占めているのは広告となる。

しかし、この広告はYouTubeのヘビーユーザーには邪魔な物でしか無く、一部のチャンネルでは有料オプションのような形で広告がなしになるような仕組みも用意されている。
一方で、YouTubeが検討しているという有料サービスは、利用者が一定の料金を払えば、YouTubeの広告がなくなるようなオプションになるようだ。

実際にこのサービスが開始されるかどうかはわからないものの、ユーザーの選択肢が増えるオプションを検討しているようだ。

YouTube Considers Paid, Ad-Free Subscriptions

youtube3d

Newニンテンドー3DSでYouTubeの3D動画に対応

2014年10月11日に日本で発売されたNewニンテンドー3DSですが、YouTubeの3D動画の立体視に対応しています。
つまり、Newニンテンドー3DSはYouTubeの3D動画を立体視で視聴できるということです。

YouTubeアプリでは3D動画の再生は現時点で出来ませんが、インターネットブラウザで3D表示に対応しています。

YouTube Creator StudioがiPadや iPhone 6シリーズに対応

日本時間の2014年10月8日に、GoogleからiPhone用に提供されているYouTubeチャネルの管理を行えるアプリがアップデートされバージョン1.1になった。

従来、Studioという名称で無料提供されていたが、YouTube Creator Studioというわかりやすい名称になった。

今回のバージョンでは、従来はiPhone 5シリーズまでの画面サイズの対応しかなかった物が、iPhone 6やiPhone 6 Plusの画面解像度に対応し、iPadにも対応するようになった。