カテゴリー別アーカイブ: 業界動向

Amazon 4K対応のFire TVを99ドルで発売

Amazon.comは2015年9月17日、4K対応のFire TVを発表した。
Fire TVはテレビに接続してAmazonが提供する映像コンテンツ、ゲーム等を楽しめる端末で、今回発表されたのはHDMI端子に直結しスティック型のFire TV Stickと、4Kに対応するFire TV。Fire TVはゲームに対応するコントローラー付きと、通常のリモコン付きの2タイプが提供される。

Amazon Fire TV Stick
Fire TV Stick
スティック型で39.99ドル。
ボイスコントロール対応リモコン付きは49.99ドル。
フルHDまでに対応し、音声操作に対応する映像コンテンツ視聴と、簡単なゲームを楽しめる。

Fire TV Stick

Amazon Fire TV
Amazon Fire TV / Amazon Fire TV Gaming Edition
ボイスコントロール対応リモコン付きは99.99ドル。
ゲーム対応コントロール付きは139.99ドル。
4Kに対応する製品で、映像コンテンツはもちろん、タブレットのFireシリーズのゲームも楽しめる。ストレージは8GBだが、128GBまでmicroSDカードで増設可能。

Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Gaming Edition

映像コンテンツはAmazonの提供している物に加えて、Netflix、Hulu、Showtime、HBOといった主要配信サービスからの映像も楽しめる。

今回の製品の特徴は、他社に比べて低価格ながら4Kにも対応し、ボイスコントロールやゲームにも対応している点。
製品自体の競合にはアップルのApple TV、GoogleのChromecast、Nexus Player、NVIDIAのSHIELD等、またはTVに標準の機能がある。しかし、本当の競合は日本なら地上波テレビ、米国ならケーブルテレビとなる。

toshiba20143qPC

東芝のパソコン事業は構造改革を除くと3期連続黒字 2014年第3四半期決算

東芝は2015年1月29日、2014年第3四半期決算を発表。全体での4月から12月までの売上高は前年比4%増の4兆7,162億円、営業利益は同6%増の1,648億円、純利益は86%増の719億円となった。
テレビやパソコンのライフスタイル部門は売上高が8%減の8,864億円、635億円の赤字となった。これはテレビやパソコンの販売地域の絞り込み中な事が影響している。パソコン事業は構造改革費用の460億円を除くと、3期連続の黒字となっている。
テレビ事業は、北米での自社生産販売を終息し、台湾コンパル社へブランド供与を行い、他の地域でも同様の施策を推進する。

東芝決算短信 PDF
北米テレビ事業は台湾コンパル社へのブランド供与へ移行

ソフトバンクの通信関連4社がソフトバンクモバイルへ統合

ソフトバンク株式会社は子会社で通信事業関連の4社を合併することを、2015年1月23日に発表した。

ソフトバンクモバイル株式会社を存続会社として、ソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を統合する。
代表取締役会長には孫正義氏、代表取締役社長には宮内謙氏が就任。移動通信サービスのソフトバンクとY!mobileはブランドを継続する。

今後、株主総会などを経て2015年4月1日に新会社が設立する予定。

softbank2015

当社子会社間の合併に関するお知らせ

東芝がIoT事業加速に向けてICT関連部門を集約

東芝は2015年1月22日、IoT事業強化の一環としてクラウドソリューション社にICT関連部門を統合することを発表した。すでにIoT関連を扱う部門としてはクラウドソリューション社があるが、IoT事業を伸ばすために、関連する関係社内に分散しているICT関連部門をクラウドソリューション社に再編する。

東芝は社内カンパニー制度をとっており、2014年末現在

クラウドソリューション社 (クラウドやIoT関連)
電力システム社 (発電や電力関連)
社会インフラシステム社 (産業・インフラ関係)
コミュニティ・ソリューション社 (エレベーター、上下水道関連、通信放送関連)
ヘルスケア社 (医療関連機器)
セミコンダクター&ストレージ社 (半導体やSSD、HDD関連)
パーソナル&クライアントソリューション社 (AV機器やPC、タブレット関連)

という構成になっている。
この中の、クラウドソリューション社にコーポレート部門の情報システム部、ソフトウェア技術センターと、システムインテグレーション事業を行う東芝ソリューション株式会社の一部事業をクラウド&ソリューション社に統合する。
また、東芝グループ向けに情報システムサービスを提供している東芝インフォメーションシステムズ株式会社、クラウド&ソリューション社の傘下する。

これにより、ICT関連を強化しIoTを活用した事業を加速する。

IoT関連事業強化に向けた組織再編について

Billboard 200

Billboardのアルバムチャートにストリーミングやデジタル販売も反映へ

Billboardは2014年11月19日、音楽アルバムの販売チャートであるBillboard 200のランキング集計を、1991年5月以来23年ぶりとなる改訂を2014年12月に公表されるデータから適用する。

今回の改訂では、アルバムの販売数だけで集計していた物を、デジタル販売でも適用するもの。
10曲のデジタルダウンロードによるセールスで1枚のCDアルバム販売。1500回の再生で、1枚のCDアルバム販売としてデータを集計する。
ストリーミングでは、Spotify、Beats Music、Google Play、Xbox Musicのデータが適用される。

The updated Billboard 200 will utilize accepted industry benchmarks for digital and streaming data, equating 10 digital track sales from an album to one equivalent album sale, and 1,500 song streams from an album to one equivalent album sale. All of the major on-demand audio subscription services are considered, including Spotify, Beats Music, Google Play and Xbox Music.

シングル曲のランキングとなるBillboard Hot 100に関しては、定期的にランキングの集計方法を変更しており、YouTubeの再生回数なども含めて集計されている。今回はそれがアルバムにも適用された形になる。

Billboard 200 Makeover: Album Chart to Incorporate Streams & Track Sales

AmazonEcho

Amazonが音声認識機能付きBluetoothスピーカー風デバイスEchoを発表

Amazonは2014年11月7日、Bluetoothスピーカー風の音声認識機能付きデバイスである「Echo」を発表した。
Echoに話しかけることで、質問に答えたり、音楽の再生等をハンズフリーで行えるデバイス。
現在、招待状のリクエストが出来る状態で、アメリカで始めに提供されるようだ。価格は199ドルでプライム会員は99ドルになる。

できる事は一般的な質問に答え、音楽の再生に加えて、Todoリストへの追加、ちょっとした計算、アラームやタイマー機能もできる。
形状は一般的なBluetoothスピーカーと同等ながら、Bluetooth機能に加えてWi-Fi機能があり、インターネットに接続して検索や音楽再生等を行う。
ハードウェアボタンは、マイクミュートボタン、アクションボタンに加えてボリューム調整用のリングのみ。

Echoに話しかける際は「Alexa、○○」とする。

価格は2万円くらいで、高級なBluetoothスピーカーと同程度ながら、音声認識機能の多機能端末になる。単純な音楽再生機能しか無いBluetoothスピーカーの市場はEchoの登場でどうなっていくだろうか。

http://www.amazon.com/echo/

Wimax2-40mhz

UQ WiMAXを低速化することでWiMAX 2+を高速化へ

UQコミュニケーションズは、現在110Mbpsで提供しているWiMAX 2+を2015年春より下り最大220Mbpsに高速化することを発表した。

現在、30MHz使用しているWiMAXから20MHz分をWiMAX 2+へ切り替え、キャリアアグリゲーションでWiMAX 2+の速度を高速化する。その代わりWiMAXは10MHz分のみで運用し、最大速度は40Mbpsから、下り最大速度13.3Mbpsに低下する。

現在、WiMAXを使用しているユーザーに向けて11月1日より「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を2014年11月1日から始める。

WiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーションの導入について
「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」の実施について

CES-tokyo

CESがUnveiled Tokyoを2015年2月に開催

アメリカのエレクトロニクス系団体Consumer Electronics Association(CES)は2014年10月16日、東京でCES Unveiled Tokyoを2015年2月18日に開催することを発表した。

CES UnveiledはCESが世界各地で開催しているプチ展示会で、アメリカ以外ではヨーロッパなどで開催していたが、今回初めて日本でも開催される。

CESで最大のイベントは1月にラスベガスで開催されるInternational CESだ、
CES Unveiled自体は、1月に行われるCESの2日前にも行われている。こちらは、CES開催前に報道陣などに事前に情報を披露することで、CES自体はもちろん、CESに出展する企業のアピールにもつながっている。

このCESの本番に向けての宣伝的な意味合いもあるイベントが、世界各地で行われるCES Unveiledとなる。

日本での家電ショー的なイベントは縮小傾向にあるが、特定の分野でのイベントには重要な意味もあり、Unveiled Tokyoがどのようなイベントになるのかは注目される。

12月追記
その後の情報によれば、Unveiledシリーズのキックオフとなるのがこの東京でのイベントで、六本木のグランドハイアット東京で午後1時から6時まで行われるとのこと。

CES Unveiled Tokyo
CEA Announces International CES Unveiled Coming to Tokyo on February 18

anawifi

ANAが機内Wi-Fiサービスを国内線にも導入へ

ANAは2014年10月9日、国際線で提供中の機内Wi-Fiサービスを国内線にも導入することを発表した。
2015年度の導入を予定する。

さらに、国際線は787にも導入し、機首を問わずすべての国際線機材へWi-Fiサービスを提供していく予定。

ANAプレスリリース

hp1

HPがHewlett-Packard EnterpriseとHP Inc.に分社化へ

Hewlett-Packardは2014年10月6日、エンタープライズ向けと個人向けPC事業を分社化することを発表した。
2015年10月までに、エンタープライズ向けはHewlett-Packard Enterpriseへ、個人向けはHP Inc.へ分社化する。

hp2

Hewlett-Packardは、Compaqを吸収し、計測機器部門を分社化するなどして、PCやサーバーの企業となっていたが、エンタープライズ向けの製品やサーバーと、個人向けPCやプリンターを分社化する。
HPのロゴは今後も両社が使用する。

現在、HPの個人向けPCはプリンター事業も含まれ、プリンティング&パーソナルシステムという部門になっているが、この部門がHP Inc.になる模様。こちらは、3Dプリンターのような新しい事業も手がけていく。

HP Investment Community Conference Call