LenovoがSuperfishに関する公式声明を公表

レノボは同社製Windows PCにプリインストールされていたSuperfishに関する公式声明を2015年2月20日に公表した。
ここでSuperfishの動作と、削除方法の解説がされている。

Superfishはレノボが2014年から一部のPCにプリインストールしていたアドウェア。表示している商品の別サイトでの価格を表示するものだが、ブラウスしているサイトを外部に送信してしまう動作が発見された。このため、セキュリティ上の欠陥があるとして話題になっていた。
これを解消するにはSuperfish自体の削除だけで無く、Superfish証明書の削除も必要になるという。

Superfishが搭載されて出荷されたモデル:
G シリーズ: G410, G510, G710, G40-70, G50-70, G40-30, G50-30, G40-45, G50-45
U シリーズ U330P, U430P, U330Touch, U430Touch, U530Touch
Y シリーズ: Y430P, Y40-70, Y50-70
Z シリーズ: Z40-75, Z50-75, Z40-70, Z50-70
S シリーズ S310, S410, S40-70, S415, S415Touch, S20-30, S20-30Touch
Flex シリーズ: Flex2 14D, Flex2 15D, Flex2 14, Flex2 15, Flex2 14(BTM), Flex2 15(BTM), Flex 10
MIIX シリーズ: MIIX2-8, MIIX2-10, MIIX2-11
YOGA シリーズ: YOGA2Pro-13, YOGA2-13, YOGA2-11BTM, YOGA2-11HSW
E シリーズ: E10-30

Superfishに関するレノボの見解

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です