ソニーがBluetoothの新しいコーディックLDAC対応ヘッドホンを発表

ソニーは2015年2月9日、Bluetoothの新しいコーディックLDACに対応した「MDR-1ABT」を発表した。
3月21日発売で、4万円程度。ヘッドホンでの対応は初となる。

Bluetooth A2DP接続時のSBC 328kbpsに比べて最大3倍の990kbpsの情報量を伝送でき、ハイレゾ音声にも対応する。

LDACは3モードあり、接続優先の330kbps、標準モードの660kbps、音質優先の990kbpsから選択できる。
標準モードはウォークマンの標準。

LDACに対応するのは2015年4月のアップロードでの対応を含め。

ワイヤレススピーカー SRS-X33、SRS-X55
ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-1ABT
ウォークマン NW-ZX2、NW-A16、NW-A17

となる。

MDR-1ABT
ソニーのオーディオのワイヤレス解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です