sony-FMP-X7

ソニーが4Kチューナー・メディアプレーヤーのFMP-X7を発表

ソニーは2014年9月29日、124/128度CSデジタル放送で試験放送されている「Channel 4K」を受信できる4Kチューナー・メディアプレーヤーの「FMP-X7」を発表した。

対応する放送やネットの動画は、試験放送中のChannel 4K、2014年12月開始予定の4Kアクトビラ、2015年3月スタート予定のスカパープレミアムの4K放送。
USB HDDの接続に対応し、録画可能な放送は録画が可能。

これ以外に、XAVC SとMP4(AVC、HEVC)にも対応し、FMP-X7に直接接続するか、USB HDDに記録すれば60Mpbsもしくは100Mbpsまでのデータの再生に対応。

動画以外には、192kHz/24bitまでのFLACやWAV、写真の再生も可能。

価格は4万円程度。10月18日発売。

4K放送・配信や、4Kハンディカムで撮影した4K動画、ハイレゾ音源に対応 4K対応ブラビアとの簡単接続、簡単操作で、4Kの楽しみを広げる「4Kメディアプレーヤー」発売
FMP-X7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です