SonySmartEyeglass1

ソニーがメガネ型端末のSmartEyeglassを開発


ソニーは2014年9月19日、スマートフォンと連携する透過型メガネ端末「SmartEyeglass」の開発を発表した。
メガネ端末に搭載したCMOSイメージセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクと、スマートフォンのGPSを連携し、ユーザーの状況に合わせた情報を表示する端末。

SonySm

ホログラム光学技術を利用し、ハーフミラーを使わずに85%透過性を持った厚さ3.0mmの薄型レンズを搭載。明るさは1000cd/m3で様々な環境でも情報が確認しやすい。

この端末を活用するため、ソフトウェア開発キット(先行リリース版)を9月19日から先行公開。
開発者向け製品は2014年内に提供予定。

アプリケーションの例として、ゼンリン、クックパッドと連携した物がプレスリリースで紹介されている。

Sony Developer World

透過式メガネ型端末『SmartEyeglass』を開発 -ソフトウェア開発キット(SDK)を提供開始 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です