MacBook Pro Late 2016の価格

2016年10月27日(現地時間)に発表されたMacBook Pro。Touch Barが搭載されたLate 2016の価格情報です。

最低価格モデルは13インチでTouch Barを搭載しない2.0GHz Core i5、8GB Memory、256GB SSDモデルで148,000円($1,499)。
これに
2.4GB Core i5に変更でプラス4万円
16GB Memoryに変更でプラス2万円
512GB SSDに変更でプラス2万円
1TB SSDに変更でプラス6万円
最大で258,800円($2,599)になります。

Touch Barを搭載する13インチモデルの場合は2.9GHz Core i5、8GB Memory、256GB SSDモデルで178,000円。
3.1GB Core i5に変更でプラス1万円
3.3GB Core i5に変更でプラス3万円
最大で228,8000円。

ストレージを最大化する場合はTouch Barを搭載する13インチモデルの場合は2.9GHz Core i5、8GB Memory、512GB SSDモデルで198,000円($1,999)。
1TB SSDに変更でプラス4万円
すべて最大構成で288,8000円($2,899)。

15インチモデルは2.6GHz Quad Core i7、16GB Memory、256GB SSD、Radeon Pro 450(2GB)の仕様で238,800円($2,399)。
2.9GB クアッドCore i7に変更でプラス3万円
512GB SSDに変更でプラス2万円
1TB SSDに変更でプラス6万円
2TB SSDに変更でプラス14万円
Radeon Pro 460(4GB)に変更でプラス2万円
すべて最大構成で428,800円($4,299)。

となります。
括弧内はUS価格。

Amazon.co.jpがKindle unlimitedを開始

AmazonKindleUnlimited

Amazon.co.jpが日本国内でKindle unlimitedのサービスを2016年8月3日から開始しました。
12万冊以上の日本の書籍やコミック、120万冊以上の洋書が読み放題になるサービスで月額料金は980円です。

利用可能な端末は通常のKindleと同様で各デバイスのKindleリーダー、Kindle専用端末になります。

利用可能な作品は

・書籍:「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂 幸太郎)、「『原因』と
『結果』の法則」(ジェームズ・アレン)、「お金持ちの教科書」(加谷
珪一)などのベストセラーを含む80,000冊以上の作品
・コミック:「orange」(高野 苺)、「信長のシェフ」(西村 ミツル・
梶川 卓郎)、「きまぐれオレンジ☆ロード」(まつもと 泉)、「関根くん
の恋」(河内 遙)、「ブラック・ジャック」(手塚 治虫)など、新旧の人気
作品を含む30,000冊以上の漫画
・雑誌:週刊ニューズウィーク日本版、クロワッサン、OPTION(オプション)
などの人気週刊誌・月刊誌を含む240誌以上の最新号とバックナンバー。
ファッション、車、スポーツ、家電情報誌などのさまざまなジャンルの人気雑誌
・洋書: 「Harry Potter(ハリー・ポッター)」シリーズ(J. K. Rowling)、
「The Hunger Games(ハンガー・ゲーム)」シリーズ(Suzanne Collins)、
「What If?(ホワット・イフ?)」(Randall Munroe)など、120万冊以上の洋書
・短編:「犬に聞いてみろ」(池井戸 潤)、「天上の飲み物」(三浦 しをん)、
「ナベちゃんのヨメ」(辻村 深月)など、Kindleストアだけで読めるKindle
Singlesを含む100ページ以下の幅広い作品群
・Kindleアーカイブ: 葛飾 北斎の「富嶽百景」、広重の「名所江戸百景」
など、国立国会図書館所蔵の作品10,000点以上

となっています。

Amazon.co.jpがAmazon Driveの容量無制限サービス開始

Amazon.co.jpがAmazon Driveの容量無制限サービス「Unlimitedストレージ」を2016年7月20日から開始した。
年会費は13,800円。

従来、Amazon Prime会員向けに写真の容量無制限サービスがあったが、写真以外も含めて容量無制限になるサービス。
iOS、Android、Windows、macOS向けのアプリも用意され、各種データをクラウド上に無制限にバックアップすることも可能。

https://www.amazon.co.jp/clouddrive

ソニーのアクションカムが空間光学ブレ補正機能に対応

Sony FDR-X3000

アクションカム市場はGoProが切り開き、従来のカメラメーカーは後塵を拝していました。
その中で、徐々に機能面でも強化しているのがソニーのアクションカムです。

2016年6月20日発表された4K対応のFDR-X3000(5万円前後)、フルHD対応のHDR-AS300(4万円前後)はソニーのビデオカメラに搭載されている空間光学ブレ補正機能に対応しました。
この空間光学手ブレ補正機能は、カメラのブレに応じてレンズとセンサー部分そのものが動きブレを補正する機能です。
カメラ本体だけでステディカムのような映像が撮れるようになります。

さらに、通常の三脚穴に対応、一般のステレオマイク端子も搭載、本体だけで防滴機能もあります。

ライブビューリモコン付きモデルもあり、アクションカメラ市場ではGoPro一強時代も変わろうとしているようです。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201606/16-0620/

Bose ワイヤレスのノイズキャンセリングヘッドフォン QuietConfort 35などを発表

ボーズは2016年6月7日、ワイヤレスのノイズキャンセリングヘッドフォンを一新した。

今回発表したのは
QuietConfort 35 wireless headphones
QuietControl 30 wireless headphones
SportSound wireless headphones
SportSound Pluse wireless headphones
の4モデル。

QuietConfort 35 wireless headphones
Quiet_Comfort_35
耳全体を包み込むアラウンドイアータイプの製品でBluetoothによるワイヤレス、ノイズキャンセリング機能がある。
充電はmicroUSBで行い、バッテリー駆動時間は20時間。
通話時に風切り音や騒音を低減するデュアルマイクを搭載する。
37,000円 6月24日発売。

QuietControl 30 wireless headphones
Quiet_Control_30
ネックバンド内にノイズキャンセリング回路等がデザインされたインイヤータイプのBluetoothノイズキャンセリングヘッドフォン。
バッテリー駆動時間は10時間。
イヤーチップはBose独自のStayHear+を採用する。
通話時に風切り音や騒音を低減するデュアルマイクを搭載する。
9月下旬発売予定。

SportSound wireless headphones
SoundSport_Wireless
防塵防滴のスポーツ用ワイヤレスヘッドフォン。
18,000円 7月発売。

SportSound Pluse wireless headphones
防塵防滴のスポーツ用ワイヤレスヘッドフォンで心拍センサーを搭載する。
9月下旬発売予定。

各製品ではBose Connect Appが利用可能。
各製品の機能切り替え、心拍数の表示が出来る。

Apple MacBook (Early 2016)を発表

Macbook2016Early

Appleは2016年4月19日、MacBookの新モデル(Early 2016)を発表した。
2015年に発表したモデルを改良した製品で、プロセッサーの更新、新色の追加があった。

使用しているプロセッサーは2015年モデルのインテル第5世代Coreプロセッサー(Broadwell)から第6世代Coreプロセッサー(Skylake)世代のCore mに刷新された。
これにより、基本のプロセッサー能力に加えてビデオ機能、メモリ、ストレージの速度が強化されている。

選択できるのは、Core m3モデルかCore m5モデルで、カスタマイズ可能なのはCore m7とキーボードのみとなる。

Core m3モデル
8MBメモリ
256GBストレージ
148,800円 ($1299)
Core m7のカスタマイズ料金は3万円($250)

Core m5モデル
8MBメモリ
512GBストレージ
184,800円 ($1599)
Core m7のカスタマイズ料金は1.8万円($150)

http://www.apple.com/jp/macbook/

Amazon 長時間駆動のKindle Oasisを発表

OasisSL1000

Amazonは2016年4月14日(日本時間)、長時間バッテリー駆動の電子書籍端末Kindle Oasisを発表した。
他のKindle端末のバッテリー駆動時間は数週間だが、Kindle Oasisは1ヶ月の駆動時間となる。
4月27日出荷。

バッテリー駆動時間は、Kindle Voyageの場合は6週間だが、Kindle Oasisの場合はバッテリーカバー込みで8週間となる。
バッテリーカバーが本体とセットになっており、アメリカでの価格は$289.99から。Kindle Voyageの本体は$199.99で、純正カバーが50から80ドルほどなので、バッテリー付きカバーセットの価格で3万円ほどというのはそれほど割高ではない。

カバーを使わない場合は、最薄部0.13インチ(3.4mm)で片手で持ちやすい扁平デザインになっている。

日本での価格は35,980円。Wi-Fi+3G、キャンペーン情報無しの場合は43,190円。

Windows 10の主要なアップデート名とビルド番号

マイクロソフトのOSであるWindowsは、Windows 10が登場するまでは数年に一度の大きなアップデートが行われていました。
しかし、数年に一度の大きなアップデートというものは終わり、Windows 10からは短期間で新機能が追加され、1年に数回程度比較的大きな機能追加を伴うアップデートが提供されるようになりました。

Windows 10の主要なバージョン

最初のリリースバージョン
リリース日 2015年7月29日
ビルド番号 10240
バージョン 10
コード名 Threshold (TH)

November Update
リリース日 2015年11月13日頃
ビルド番号 10586
バージョン 1511
コード名 TH2 (Threshold 2)

Anniversary Update
リリース日 2016年夏
ビルド番号 14316? (2016年4月時点のビルド番号)
バージョン ?
コード名 Redstone (RS1)

名称不明
リリース日 2017年春?
ビルド番号 ?
バージョン ?
コード名 Redstone 2 (RS2?)

M.2は主にストレージ用に使われるインタフェース規格

M.2はコンピューターの、ストレージや各種拡張機能の接続端子の規格。
mSATAの後継として開発され、SATA Expressの上位互換でPCI Express 3.0、SATA 3.0、USB 3.0に対応する。

M.2は一般的に「エム・ドット・ツー」と読みストレージ用のSSDが一般に流通している。
従来のSATAはケーブルによって、HDDやSSDと接続していたが、その後、mSATAが登場し、基盤上にSSD等を直接付け出来るようになり、M.2によって利用が本格化した。

特に薄型のノートパソコン等では2014年前後からよく使われるようになっている。デスクトップパソコン用のマザーボードに採用されていることもある。

ストレージの仕様では「M.2 (Type 2280)」などと記載されており、Type 2280は基板のサイズのこと。
前半の22が幅で、後半の80が長さ。Type 2280は22mm×80mmという意味。

「Type 2280-D2」などと書かれていた場合、厚みについても記載されていて、「S」は片面、「D」は両面実装で、数字が大きくなるほど厚みが出る。

日本マイクロソフト Surface Bookを2016年2月4日より発売

日本マイクロソフトは2016年1月13日、海外で先行発売されているキーボード付きのPC「Surface Book」を日本で2月4日発表した。
Surface BookはSurfaceシリーズとして初のしっかりとしたキーボードを持つハイエンド指向の製品で、キーボード部分にGPUを搭載し、ゲームや動画編集等にも十分耐えられる性能を持つ。

予約は1月14日から開始し、価格は文教向けのCore i5、メモリ8GB、ストレージ128GBで171,120円。
一般向けでOffce 365込みでGPU搭載モデルの場合はCore i5、メモリ8GB、ストレージ256GBという仕様で249,800円。

一般向けを先行予約した場合、Surface ペンスタンドがプレゼントされる。

Windows 10 搭載最新ノート PC「Surface Book」を2月4日(木)より発売