Minecraftで遊ぶ 初めの数日

地形のチェックをしよう
Minecraftを開始して初めにやらなければいけないのが、地形のチェック。
初期段階に、木や石炭を集めて数日間を生き延びなければいけません。そのためには、生まれた周辺の地形のチェックは欠かせません。

生まれた場所などのメモ
F3(ファンクション3)キーを押すことで、ゲームの状態を表示します。ここでその場所のxyzによる座標も表示されます。
生まれた場所や、拠点にしている場所をメモしておきましょう。ゲーム内でどこかに遠出すると二度とその場所へ戻ってこれないかもしれません。

ピッケルを作る
まずは、石炭を掘るためのピッケルを作る必要があります。ピッケルを作るには木が必要です。
この石炭とピッケルを準備するために、初めの地形が必要となります。
このピッケルを作る作業で初めてクラフティングをすることになり、今後ピッケル以外にも様々なものを作る第一段階です。

たいまつを作る
石炭などからたいまつを作ることができます。
屋外では、日中は明るいですが、夜になると暗くなります。暗くなると全く見えなくなるので、たいまつが必要です。
地下などを掘り進める場合にも、たいまつで周りを明るくする必要があります。

拠点を作る
夜になると暗くなり、モンスターが現れます。
モンスターは暗いところにも現れるので、地下を掘っていても暗いところから現れます。このため、たいまつなどを使い、モンスターが襲ってこない拠点を作る必要があります。

食糧の確保
人間は活動するのに食料が必要となります。
空腹になると体力がなくなり、すぐに死んでしまいます。このために食糧を確保する必要があります。

ここまで何時間かかるかわかりませんが、これらを初めにやっておけば、楽にその後のゲームを楽しめるようになります。