スキャンに最低限必要な機器

本をスキャンして電子化するには最低限以下の機器が必要です。

パソコン

最近のパソコンなら何でもかまいません。しかし、一般的に電子化に必要なソフトはWindowsの方が充実しています。MacでもWindowsは動きますが、電子化用にパソコンを選ぶならどちらかと言えばWindowsの方が無難です。

その中でも、デュアルコアなどスペックは中かそれ以上で、HDDやSSDなどの容量が大きい方が適しています。最近の10万円前後のパソコンならたいていはどれでも問題ありません。

逆に言えば、5万円くらいで販売されている物、3年前の物(2010年以前の物)などはあまり向いていませんが、使うことは可能です。

スキャナー

スキャナーはいろいろありますが、現時点でベストと言えるのがPFJ(FUJITSU)の ScanSnap S1500です。

他にも安い物、高い物などいろいろとありますが、普通にスキャナーを選ぶならすべての点でバランスのよいこの製品がベストです。 3.5から4万円程度と安くはありませんが、スキャン速度、一度に読み取れる枚数、スキャン後の処理などすべての点でベストな製品と言えます。

もしも、自分でスキャンするのを止めたくなっても、非常に人気のある製品なので、中古などで簡単に売却できますので、出費が完全に無駄になることは無いでしょう。

カッターナイフ

本をスキャンするにはその本を1ページ毎に分解する必要があります。

分解する方法もいくつかありますが、基本となるのがカッターナイフです。将来裁断機を購入するにしても、細かな本のカットにカッターナイフは必須となるのでとりあえず用意しておきましょう。

オルファやNTカッターなどの刃を交換できるような物がいいでしょう。その中でも、厚い本を裁断する場合にも刃が曲がったりしない大きめの刃を使用した物で、刃の位置固定はねじ式などでしっかりと固定できる物が適しています。

もちろん、細かなカットが必要になる場合もあるので、小さめのカッターナイフやはさみを併用するのもわるくありません。

これらの機器は最低限必要な物です。

これ以外にも、カッターナイフを使う場合に下敷きなども必要でしょうし、もっと便利にする機器もあります。とりあえず始めるには以上の機器を最低限そろえれば問題ありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です