スキャンした本はその後どうするか

スキャンした本は、1枚1枚がバラバラで、本として扱うのは簡単では無い。裁断した背の部分を活用して製本できないことも無いが、素人がやっても綺麗に出来るわけでは無い。プロに元の用に製本し直してもらうと、それなりの費用になり現実的では無い。

本を保管するスペースがある場合、そのまま保管しておくのが無難だろう。何らかの問題があれば、再スキャンも出来る。しかし、スキャンする方のほとんどは場所が無いために、スキャンして本自体は処分したいと思っているだろう。

この処分方法は資源ゴミとして各自治体のゴミ収集に出す事になる。この場合、ゴミに出したことで、二度と物理的にその本を戻すことは出来なくなる。

一方、著作者などに悪いと思われる行為が、裁断後の本をオークションなどに出品する行為だ。裁断後の本はすでにスキャンされた後で、その本をまた誰かがスキャンすることはコピーと同様の行為になる。

実際に、オークションにはこのような裁断済みの本が多数掲載されており、電子化の本来の目的である、自分の本を電子化してより使い勝手をよくしようとは外れた行為も見られる。

このようなオークションには入札しない、などの対策が必要だが、資源ゴミに出す場合も、裁断した物をそのままゴミ置き場に置いておくと持って行かれる可能性があるので、炭などで汚して二度とスキャンできないようにするような工夫も必要かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です