スキャン時に多少斜めになることなど気にする必要は無い

書籍裁断、スキャンなど、様々な場面で直角に切断できているか、斜めに読み取っていないかなどを気にする方も多いが、はっきり言えば、そのような心配は一切不要だ。

理由は簡単で、本の印刷、製本自体が正確では無いから。

つまり、印刷がずれていたり、製本の関係などで、印刷部分が若干斜めになっていることなど、古い本、新しい本に限らず当たり前にある。

当たり前に、斜めになっているのに、裁断時やスキャン時に神経質になりすぎても仕方が無い。電子化した物を読む場合にも、多少ならほとんど気にならないはずだ。

どうしても気になるなら、スキャン後にソフトウェアで補正すればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です