紙の本を電子化する意味

紙の本を電子化する目的は人それぞれだが、基本的に物理的な製本された紙の本をより使い勝手よくするためだ。

製本された本も、美しい物が多いが、当たり前のことだがその本を読むためには物理的にその本が必須だ。一方、電子化してしまえば、その本は電子データとなるので、パソコンやタブレット、スマートフォンなど様々な機器で読める。

どうしてもそれらの読むための機器が必須になるが欠点で、その電子デバイスの使い勝手によって読みやすさや使い勝手も異なってくるが、環境さえ整えれば本の活用の幅が広がる。

電子化すれば、OCR機能で、紙の本に含まれる文字を検索出来るようになるし、電子デバイスの容量の範囲まで何十冊でも本を持ち運ぶことが出来るし、クラウド上に置けば、大きな書庫も不要だ。

本来、そのようなことには初めから電子化された本を買えばいいが、残念ながら2012年春現在、電子書籍のラインナップは限られているし、理想とはほど遠いサービスで思ったように使えるわけでは無い。

そして、すでに購入し、本棚や押し入れ、物置の肥やしになっている本を電子化して生き返らせるためには、スキャンするしか無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です